まぁUnlock携帯は何台もあるので別にいいのだが、1台で済むなら1台の方が海外出張の際かさばらなくていい。
んなわけで、XPERIAもSIM Unlock化したので、備忘録。

docomo XPERIA(SO-01B)のSIM Unlock化は、他のAndroid携帯と同様SIMロック解除コードを入力する方法。
ちら見すると、UK版XPERIA(X10)のファームウェアに書き換えないとSIMロック解除コードを入力できない仕様になっていて、UK版にファームを書き換えて、SIMロック解除コードを入力できるようにし、再度オリジナルファーム(docomo)に戻す作業をやらないといけないのだとか…。
面倒くさいのぉ。それに、下手すると文鎮化してしまいそう…。

更に調べてみると、hpcalcさんのブログに大変参考になる記事があった。

「2.1にアップデートしたXperia SO-01Bでrootをとっていると、SIMロック解除コード入力を有効にすることができます。すなわち、NordicファームやGlobalファームを焼くことなく、ドコモファームのままSIMアンロックができます。」(原文)
「/system/etc/customization/settings/com/android/phone/custom_settings.xmlというファイルの中に、

true

とかかれた部分があります。この「true」の部分を「false」に書き換えます。

そして、ドコモ以外のSIMを入れて起動すると、SIMロック解除コードを入力できるようになります。あとは、用意しておいたアンロックコードを入力するだけです。」(原文)

ネットで調べてみると、UK版XPERIA(X10)のファームウェアに書き換えないとSIMロック解除コードを入力できない仕様になっているという話が大半だっただけに、オリジナルファームでやりたいおいらにとってはこれは福音。

要は、UK版ファームではcustom_settings.xmlの中身がオリジナルファームと違うということなんだね。
何らかの方法で、こいつを書き換えてやらなければSIMロック解除コードを入力できないって訳。

で、早速、root化するための定番アプリ、Z4を入手(XDAのサイトでないと入手できなくなったのね)。
でも、Z4がうまくインストールできないので、アストロというファイラーアプリをインストールしたら、Z4のインストールがスムーズにできた。

やっとのことでroot化し、アストロというファイラーアプリでcustom_settings.xmlの中身をあーだこーだしていじろうとしていた時だろうか、再起動した途端、リブートを繰り返すようになってしまった。

以前、X01HTで文鎮化しているだけに、正直冷や汗かいてしまった。購入1日目にして、文鎮か!?
まぁ、再度ソニーエリクソンが配布しているUpdate serviceを使って、ファームウェアを書き換えたら元に戻ったけれど…。

アストロではいじれないことが分かり、ファイラーでもかなり強力なSUFBSという優良…いや有料アプリを購入し、custom_settings.xmlをSDカードにコピー。
メモ帳アプリがないので、USBでPC接続してPCにて編集。編集したものをSUFBSを使って上書きしてやったらうまくいった!

で、SIMロック解除コードの入手に時間がかかった。おいらは、Unlocking.comに依頼。USの電話なら1日で解除コードができるらしいが、なかなか返事が来なかった。
1週間後にシリアル教えろというemailがあり、シリアルをメールし、更に1週間したらようやっと解除コードが来た。
その中のNCKの部分に書かれている数字を入力し、無事Unlockできた。

春に中国出張なので、ガシガシ使えそうだ。X01HT怪では、GPSがなく、携帯の基地局の電波だけなので地図(googleマップ)の確度は低かったが、GPSが付いているXPERIAならよさそう。