ネットで株主総会の委任状を提出する

ネットで株主総会の委任状を提出する

株主総会はあまり行っていない

いくつか銘柄を持っているが、いわゆる塩漬け状態。株主総会は、結構お得だったサンリオに何度か行っていたけれど、他は場所が遠かったりするものだから行っていないのが実情。

現在は分からないが、年に1回総会の時だけは、株主のみ解放していることもあり、子供を連れて行ったことがある。ある意味嬉しいファンサービスだ。

サンリオの株主総会は、一部オタク(ファンと言った方が適切か)の方が「これって、株主総会で発言する内容か??」というような会社側が困ってしまうような発言していたりして…。まぁ、それはそれで、色々な方が発言できるということでよいのかも知れないが。

すまん!あまり総会に興味がなかったのだ

おいらが投資を始めた2000年後半付近は、怪しい株価の動きをする銘柄がいくつもあり、瞬間ではあったが儲けた夢を見させてもらったことがある。儲けには興味があったものの、株に関しては、「儲けたい!」という下心から始めた輩なので、正直な話、総会に興味はなかったのだ。

「この会社を心から支援したい」という崇高な考えの投資家もいらっしゃるだろうが、中には、儲けや株主優待にしか興味がなかったりと、色々なタイプの投資家がいてもよいかと。理由はともあれ、その会社に投資をすることで貢献しているわけで。

株主総会にも新たな風が

株主総会に欠席するが、議案に対し、意思表示をしたいのが委任状。今までは、郵送のみ受け付けていた所が殆どだが、コロナ禍ということもあってか、ネットで簡単に委任状が提出できるようになった会社もある。

自動車メーカーのスズキがそうだ。

今風のやり方で、スマホでQRコードをスキャンし、専用サイトにアクセス。指示に従って、ポチポチと押していくだけ。1分も掛からず、終わってしまった。

残念ながら、このスズキさん。株主優待を今期からやめてしまった。毎年、頂けるハチミツが大好物だったのだが(去年はお茶に変わっていた)、中には、配当も出せないという会社だってあるだろうから、株主優待をやめることでコスト削減できるのであれば、いた仕方なかろう。