■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
    ●期間限定5000円相当ポイントプレゼント!5000円で何買おう?

    ●オークションにも便利。楽天スーパーポイントも貯まる

    ●原則固定。米ドル円0.3銭。口座開設で最大20000円キャッシュバック!

    ●最大39000円キャッシュバックだ!

    ●1000通貨から始められる

■PROFILE■
■OTHER■

確定申告のミスはお早めに!
確定申告のミスというのは、誰にでもあることと思う。
お役所は、酷いもので、多く納税する分には何も言ってこないのに、少ない時には文句を言ってくるらしい。

一昨年、うっかり払わなくてもいい税金を計上したことが確定申告の計算時に判明し、昨年の確定申告と同時に修正申告を行った。
1年以内なら、前年度の修正が可能なのだ。これは、覚えておいても損はない。

損を3年繰り越ししているので、見かけ上の損が増えた(つまり、次年度に有利ということ)ので税務署には税金を払わなかったのだけれど、市役所からは、これは利益だということで、400円と微々たる物だが税金を払わされてしまった。
大変気分が悪く萎えてしまい、ここの更新も疎かになりがちだった。

おいらは、資産が目減りしたのだぞ!それを回収しているのに、税金とは何事だ!!
お役所は、所詮、民間人の都合なんてどうでもいいのだね。

| 株の話題 | 04:35 PM | comments (0) | trackback (0) |
今年は税金を払う方に…
※当ブログはコメント・トラバは、いらぬ書き込みが多いため一切受け付けておりません。

今年も2年前の損を引き継ぐことで計算した所、今年はプラスと相成りました。
まぁ、昨年度で言えば確かにプラスなのだけれど、2年前の損した金額はまだまだ回収できておりませんな。

それにしても、税金の計算で変だと思うのは、必ず年度毎に計算する点。資産云々ということを言うならば、明らかに損しているのに、売った場合、利益として計上しなくてはいけないのだ。
具体的に言うと、前年度に株式を購入。翌年に売った場合は、翌年に(約定した金額)−(手数料)に相当する金額に税金が掛かってくる。
購入金額より売却した金額が下回った場合でも、年度が違えば、利益になったと申告させられてしまうということ。
これは、製造業などにも言えることで、前年度に仕入れた材料で作った製品を売ったら、その製品を売った費用がまるまる税金の対象となってしまう。

なので、危ないと思った株式は、購入した年度の12月までに売らないと、翌年以降売った時にいっぱい税金が掛かるというわけ。


ここ2年ほど損を計上していたのが、今年は税務上損がなくなり、プラスとなったので先日わずかな金額ではあるけれど、納税してきた。喜んでいいのだか、悲しんでいいのだか…。

| 株の話題 | 06:19 PM | comments (x) | trackback (x) |
確定申告
当然しておりますよ。3年損を繰越したんで。

しばらく、ホールドしようと思っていた某社が株式上場をやめるとかいう話があり、しぶしぶTOBに乗ったけれど、今だに上場停止にならないのはどういうことじゃ!!!

3年損の手続きのおかげで、TOBの物も税金いらず。

それにしても、e-TAXのサイトでは株式を持つ会社員が確定申告するような仕組みにはなっていないようで、そのまま手続きしてしまうと、税金が要らないはずなのに、ん万円も税金を払う羽目になってしまうのだ。

それというのも、e-TAXのシステムは入力されたものに対して全て計算してしまうことにある。年末調整された物に対しても税金を掛けてしまい、税金の2重払いになってしまうのだ。
ひー恐ろしい。
税務署がサイトで配布している資料通りに手計算を行っていれば、こういったトラブルが防げる。

税金を払わなくてもいいのに、2重で払ってしまうと、何もいいことはなく、税務署だって教えてくれない。個人で気を付けなくてはならないのだ。投資の世界は奥が深いね。

| 株の話題 | 06:25 PM | comments (x) | trackback (x) |
日経平均10000円越え
久々に日経平均が10000円を越えたと思ったら、また下がってしまいましたね。

でも、きのぴぃは、株価がガタンと下がった時に仕込んでおいた銘柄が結構上がっているので、少々ウハウハなんでございます。

リーマン直後はヒヤヒヤものだったのですが、まぁ「周りに流されないで投資する」これが結果的にはいいのでしょうね。
でも、どこのタイミングで約定しようかしら??

銘柄によってはまだ上がりそうな気もするし、株価が若干下がってきたような気もするし…。

昨年は欲をかいたために大損してしまった反省もあるしね。

| 株の話題 | 08:56 PM | comments (x) | trackback (x) |
確定申告はしました…(備忘録)
まぁ、昨年は大負けしてしまったので、税金は払わずに済むのですが、しかしながら株の損は3年繰り越せるというので、念のため、確定申告を行いました。

提出するのに必要なのは、確定申告書(B)など税務署がサイトで配布している申告用紙類、証券会社が発行する特定口座年間取引報告書、本業がある人は源泉徴収票です。
いろいろお高い確定申告ソフトなんぞ売っておりますが、そんなものを使わずして素人でも確定申告が十分可能です。

実際に確定申告書を書いてみると、毎度毎度ややこしいのなんのって。でも、何とかコツは掴めました。

【確定申告書B第1表】
左側には会社からもらった源泉徴収票に書いてある事項を(収入金額(給与)・所得金額(給与))を記入して合計を出します(9番と25番)。
右側には、自分の株取引の損得を記入し、払う(還付される)税金を計算します。

【確定申告書B第2表】
会社からもらった源泉徴収票に書いてある事項を記入します。所得の内訳の箇所、社会保険料の箇所(社会保険の種類には「源泉票より」と記入します)、生命保険・地震保険に加入している人及び配偶者がいる人は、その欄も埋めます。

【確定申告書第3表】
ここでは、株取引の状況を記入します。ここで登場するのが、証券会社が発行する特定口座年間取引報告書です。
別紙「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」(これも提出します)にて計算をして、その結果を該当する欄に記入していきます。
損を3年繰り越すのであれば、特別適用条文の欄に、37条の12の2と明記すると共に、確定申告付表という書類も添付します。

おいらは、証券会社Aでは大損していたものの、別の証券会社Bで若干プラス(数万円程度ね)になっていたのがあって、本来払わなくていいはずの税金を無駄に払っていました。

しかし、この手続きをすることで、その分還付されることが分かったので、外食時の足しにはなりそうです。でも、これを勉強するために本を買ったので、外食時の足しというよりは1日のお昼代が正解かも…。(;^o^A

まぁ、確定申告には、医療費控除というのもありますので、真面目に税金を払っている人は還付金が発生するか調べてみてはいかがでしょうか。

| 株の話題 | 05:17 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑