■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<前月 2020年08月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
    ●期間限定5000円相当ポイントプレゼント!5000円で何買おう?

    ●オークションにも便利。楽天スーパーポイントも貯まる

    ●原則固定。米ドル円0.3銭。口座開設で最大20000円キャッシュバック!

    ●最大39000円キャッシュバックだ!

    ●1000通貨から始められる

■PROFILE■
■OTHER■
 

MMF保有中
【2008/5/15付け きのぴぃいんふぉ の記事を移行します】
またまた自分の投資話でございます。(^o^;)

某M証券でトレードを行っておりますが、そこはMRFがないため、プールしている資金は黙っていたら増えることはありません。MRFってのは、預けておけば資金が黙っても若干増えるもので銀行の利子みたいなものです。MRFの預金は銀行の普通預金と違って保証はされないけれど、経営が安定している証券会社に預けておけば、銀行のただ同然の利息よりも増えるのでございます(証券会社が資金運用しているので、目減りする可能性も秘めているけれど…)。

某証券会社Nで株取引のため、何がしか口座に入れておき、残金が1万円少々プールしている状態であるものの、3ヶ月で約20円も増えていました。うーん。得だ。
で、オンライントレードを盛んに行っているM証券にはMRFがないため、プールしている資金の運用のため、MMF(投資信託)を若干購入しました。FXを始める前哨戦みたいなものです。
ドル建てのものなので、つい数日前は円高になってしまい、ヒヤヒヤものでしたが、また円安になって、もうじき購入金額に突入しようとしています。

ここのMMFの利点は、口座の管理費用はかからないし、手数料が値段によらず1取引が何十銭と安い所(他の証券会社もそれくらいのレベルみたい)。先日売買した株の資金がバックされたので、円高になったらもう少し買い増ししようかな。株だと約定金額によって手数料が違うものね。

ただ、この証券会社のMMFには欠点があって、売却する保有数の指定はできても、売却約定金額が指定できないということと、取引日の15:00時点での証券会社の決定する為替レートに、購入の場合は何十銭足したレート、解約の場合は何十銭差し引いたレートとなること。
つまり、売るタイミングを外すと、損する可能性が高いと言うこと。ということは、何日も円安まっしぐらという時期に売却しないといけないね。

| 投資信託の話題 | 07:58 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑