やっはり、Android携帯はいいね

NO IMAGE

先日、旅行に行った先での出来事。

レンタカーを借りて、ナビで設定しいざ目的地へ…と思ったら、カーナビの使い方が分からず、困ってしまった。

そこで、取り出したのは、Android携帯。まぁ、今回は電車での暇つぶししか使わないだろうと思ったいたのだが、今回のナビとして使おうとは思ってもみなかった。

Android携帯のgoogleナビは時々使っていたので、サクッと住所を入力し、何もなかったようにスムーズに目的地に着くことができた。

その後、レンタカーに付いているカーナビについて少し分かってきたのだが、細かい番地までは対応できないらしく、目的地周辺の案内しかできない。恐らく、目的地周辺まで案内するので、後は探してねということなのだろうけれど、これって田舎に行った場合、非常に不便なのだ。行ったことのない場所は、やはりピンポイントで案内してくれなくては困る。

そんな時にも、Android携帯のgoogleナビは応えてくれた。で、夜は回転寿司に行こうということになり、音声入力で「○○」と店の名前をいうと、即座に現在いる場所付近にある「○○」という名前の回転寿司までのルートを検索してくれたのだ。

ダメダメカーナビのおかげで他にも色々あったが、Android携帯のサポートのおかげで事なきを得た。これからは、出かける時には必ずAndroid携帯を持とうと決めた。

欠点としては、携帯やGPSの電波が受からなかったりすると、その間どこにいるのか分からなくなることではあるが、カーナビ自体GPSの電波が受からなかったりすると同じ症状が起こるので、条件としては五分五分なんだろう。

もうひとつの欠点は、googleナビの地図は常に最新ではないということ。公共施設が移転して結構経つのに、更新されていないのだ。まぁ、カーナビだって、地図を更新しなければ役には立たないので、それと比較したらまだましなのかも…。

これらの欠点を踏まえて使う分には、Android携帯のgoogleナビは極めて有効なツールとして活躍してくれる。