ソフマップでスピード買取開始!

NO IMAGE

60Dを購入し、EOS KISS DIGITAL 2台の処遇をどうしようか決めかねていた所、ソフマップでスピード買取を始めたことを知った。

指定品目であれば、即この値段で買い取りましょうというサービス。得だと思ったのは、デジタル一眼(ボディのみ)。
あまりにも古すぎて、オークションであっても売れないような傷物であっても、きちんと動作すれば5000円で買い取ってくれるのだ。
ということは、うちの傷物EOS KISS DIGITAL 2台買取に出せば、確実に10000円ということだ。
損と言えば損ではあるが、普通に買取をお願いすると、ソフマップでも3000円どころか値段がつかないケースもあり、肥やしとなるよりは、はるかにまし。

随分と画期的な買取を始めたものだと思ったが、これを起爆剤にソフマップや親会社のビックカメラの売り上げにつながればという思惑があるのだろう。

そうそう、買取してもらう際にスピード買取と言わないと、ダメなので要注意だ。
それと、付属品は殆どなくても大丈夫だが、専用バッテリーを使う機種の場合はバッテリーが死んでいる場合はダメ!(セカンドソースのバッテリーでも可能だった)このスピード買取は、動くのが前提なのだ。
場合によっては、専用バッテリーの充電器の提出も求められるかも知れない(おいらは充電器もカメラと一緒に出した)。詳しくは、買取を依頼するソフマップに聞いてほしい。

それと、レンズは対象外なので、普通買取となる。普通買取であれば、状態によっては、値がつかないケースがあり、カメラ用品を買う予定がある場合は、カメラのキタムラで「なんでも下取り」を利用する方がお徳なことがあるかも?
指定商品のみだが、商品によっては1万円引きしてくれる場合もあるのだ。しかも、「なんでも下取り」は故障していてもOKというものなので、二束三文…いや処分費用とやらを払って引き取ってもらうよりはいい。
最近は、どこもかしこも、ゴミを捨てるのにお金を払わなければいけないので、こういったサービスは遥かにお得と言えよう。

カメラのキタムラだと、ネット系のショップより商品の値段が少々お高めであるのは否めないが、ネット系のショップだとアフターサービスが心配。万一故障していても、交換せず、自分でメーカーに修理を依頼してくれなどというショップもあるくらい(ネット系ショップの中には、交換対応してくれるショップもありますがね…)。
ネットで高価な商品も度々買っているが、「故障の際は、交換はしない」なんて記述があるショップは怖いので、余程他社より値段が安くなければできるだけ使わないようにしている。

そういうのを知っている人は、安心代ということで、多少値段が高くてもリアルにあるショップであるビックカメラやカメラのキタムラで購入するのだろうね。

何はともあれ、リアルにあるショップの便利なサービスを使って、上手に整理、上手にお買い物すると部屋も片付くのだなと、ふと思った。
EOS60Dを購入してから使わなくなってしまったK-xやかなりガッカリさせられたSP-590UZ、果ては役に立たなくなったDVDムービーも一切処分し、映像は全てEOS60Dに一本化する予定。
でも、まだまだ整理しないとな(;^o^A