ダウンライトをLEDに交換してみた

NO IMAGE

最近、少々思う所もあって、ダウンライトを人感センサー付きの物に変えたいと思い、適当な物を探していたら、おあつらい向きの物が安価で見つかった。
コイズミ照明のAD41931Lだ。
楽天では、7074円が最安値(2016.3月下旬現在)

amazonでは、7266円が最安値(2016.3月下旬現在)

こいつは安いクセになかなかの優れもの。
夜間のみ人感センサーが使えるモードや6時間タイマーで点灯するモードなどなど色々な機能がてんこ盛り。
しかも、今流行りのLED照明だ。
こんなに安くていいの?と思ってしまう。
IMG_20160325_063140
消灯する時はジワッと消えるのがいい感じ。
スイッチがあるので、防雨型には見えないのだけれど、取説を見ると、しっかり防雨型とあるので、少しくらいの水滴なら問題ないのかな。

φ125の穴径で80mm以上のクリアランスがあれば、そっくりそのまま今使っているダウンライトと入れ替えが可能。
古いダウンライトを外しているの図。
IMG_20160325_063839
古いダウンライトから
IMG_20160325_063725
LED照明に入れ替えると
IMG_20160325_070031
こじんまりしているが、意外と明るい。

3m位の高さに取り付けていると、誰かが道路を歩いているだけで反応してしまう。100°の角度の円錐型のエリアに反応するらしく、円錐型なので高さが高くなればなるほど反応するエリアが広くなるってわけ。
付属品のエリアマスクという物を取り付けると、反応する範囲が狭くなる。うちの場合は、エリアマスクを付けたら、丁度いい位の反応だった。
夜間のみ人感センサーという機能は防犯用にいいなぁと思っている。

ちなみに、ダウンライトの付け替えは電気工事士の資格が必要なのは言うまでもない。

20164.23追記:なんちゃって防犯カメラの映像を確認していると、人がいないのに急にライトが付く場面があった。ご近所さんも、人感センサー付きライトを付けていて、時々、人がいないのに点灯する場面に出くわしたことがある。よーく、見てみると、犯人は「猫」だった。これは、仕方ないかなぁ。