ビルシュタインのカーボンクリーニング

  • 2012.01.07
  • BMW
NO IMAGE

最近、巷で話題になっているカーボンクリーニング。METECやらビルシュタインやら色々あるらしいけれど、施工してもらうのに結構な金額となる。

先日のエスプリオートではMETECのカーボンクリーニングを行っているけれど、おいらの車318iだと20000円越えになるらしい。
関東でもっと安い所はないかと探していたら、ビルシュタインのカーボンクリーニングが13650円(消費税込)でできる所が見つかった。東京都立川市の川口商店だ。
国産車だったらもう少し安いらしい。何でだろう。トホホ…。
まぁ、全然効果が見られない添加剤と比べたら明らかに高いけれど、これで効果があれば御の字だ。

作業としては、下側から燃料系統にカーボンクリーニングのホースを接続し、エンジンを回しながら専用の洗浄剤を循環させていくという物。
子供も連れて行ったので、作業の殆どを見ることはできなかったけれど、これを見ていて、何気に
「もしかして、これって効果があるのかも…。」

1時間もすると、カーボンクリーニング作業終了。おまけに、若干汚れていた車を綺麗に拭いてくれたりして大助かり。
カーボンクリーンをすると、燃費がいいとか、加速がよくなるとかいう胡散臭いレビューをネットで見るけれど、実際の所、どうなのかなと、車を走らせていた所、走行距離は短いので燃費はまだ正確に分からないが、明らかに加速がよくなっていることに気づいた。
アイドリングが低くなると、今まで「ガタガタ」とBMWらしからぬ振動が起こり、家族が心配していたのだが、その振動はかなり少し治まった。

今まで、アクセルを踏んでも、スムーズに吹け上がらなかったのだ。2000回転からは、結構踏み込まないと加速が糞ずまってくるというか、ターボ車の「ドッカン加速」をかなり酷くした感じで、隣車線に停車している軽自動車にもダッシュで抜かれてしまう始末。
これは、318i自体の性能なのかと思っていたのだが、全然そうではなかったんだね。
70000km越えの車であるため、エンジン内がカーボンで汚れきっていて、調子を悪くしていただけのようだ。

前のオーナーは一応ディーラー整備しているので、エンジンオイルは定期的に変えているようけれど、ATFは変えていなかったし、この調子だと、まずカーボンクリーニングは一切行っていないだろう。

カーボンクリーニングを「脅威の回復力」などと、川口商店のサイトに書いてあったが、嘘偽りはなかった。
カーボンクリーニング、こりゃいいかも。

パーツ類の損傷によるトラブルは今後出てくるかも知れないが、エンジンに関して言うならば、これならあと5年は十分走れそうな気がする。
また、調子が悪くなったら、施工してもらうことにしよっと。