フレッツ光なのに有線LANがめちゃ遅い!その2

NO IMAGE

有線LANなのに、無線LANが早いという奇妙な現象があり、たまたまあったCAT6のLANケーブルを繋いだらよくなったとこの前のエントリーで書いたけれど、その後、とんでもないことが判明したのだ。

色々LANケーブルを買い込んでおり、CAT5からCAT6まで取り揃えている(といっても、たまたま必要に迫られて購入しただけなのだが…)。
色々繋ぎ変えてみたのだが、特定のLANケーブル(CAT6)でないとだめなのだ。
CAT6であっても、ダメなものはダメ。よくわからん!

他のPCを繋ぐと、手持ちのどのLANケーブルでも100Mで接続される。しかし、メインに使っているPCは、LANケーブルを変えるとダメダメだ。

ネットで調べてみると、かにさんマークでお馴染みRealtecのデバイスを使っているLANカードはあまりよろしくないという話がちらほら。
丁度おいらのPCにはRealtecのRTL8111DL(1ギガ対応)なるデバイスが載っていたのだ。
ドライバーをメーカーサイトで配付されている物に変えてもダメ。

そこで、思い切って、LANカードを買ってみた。玄人志向のGbE-PCIeなるもの。PCのPCIeポートがいくつか空いているので挿したい放題なので、都合がいい。こいつは、Realtecでなく、Marvellというメーカーの88E8053なるデバイスが使われている。
しかも、ジャンボフレーム対応(9014バイト)ときたもんだ。

結果としては、買って正解だった。CAT5のものでもしっかり100Mで接続されるのだ。
一体、今迄のことは何だったのだという感じ。
もしかすると、Realtecのデバイス自体が、自動ネゴシエーションの際、100Mで接続できないと判断してしまうようだ。
その点、Marvell 88E8053の方が懐が広いということなのだろう。

玄人志向 GBE-PCIe(GigabitEth...

玄人志向 GBE-PCIe(GigabitEth…
価格:2,850円(税込、送料別)

楽天では、ソフマップが2850円と最安値。