中国でXPERIA(OS2.3)を使ってみた

NO IMAGE

今年の8月中国に行った際、XPERIA(OS2.2)の際は、どうもMAPなどがうまく動作せず、困っていたのでどうしたものかと思っていた。OS2.2といっても俗に言うカスタムなものだったためうまくなかったのではないかという思いがふつふつと。

その後、OSを2.3に入れ替えたので、どうかと思い、中国出張の際に使ってみた。googleアカウントでログインが必要なアプリは使えなかったものの、それ以外のアプリは問題なく使えた。
異常動作していたMAPなども、今回は誤動作することもなく、快適に使えた。

OS2.3にしているので、ポータブルWi-Fi機能を試してみた。SIMはChina UnicomのWO(3G)を使用。これも全く問題ない。
日本人が宿泊するようなホテルであれば、まず問題なく有線LANが使えるはずなので、携帯を使ってネット接続することはまずないと思うが、仕事などでどうしてもという場合はいいかも知れない。

おいらのXPERIAは以前のカキコの通り、SIMフリーとなっており、8月に購入したChina UnicomのWO SIMを今回も使ったが、データー通信を結構してもあまりお金がかからないのにはビックリ。
8月の際に使っても、あまりお金が掛からなかったため、更新(?)料として毎月18元引かれても、残高があり、12月であってもまだ使えたのだ。
まだ、利用料は見ていないが、今回は日本へ結構国際電話を掛けていたので、流石に残高が減っているのではないかと思われる。

China UnicomのWO SIMは、日本で購入すると割高ではあるものの、1年に何回も中国へ渡航して電話を使う人ならかなりお徳。ただし、WO SIMには、データー通信専用というのもあるようなので、通話もしたい方はご注意を(アキバのショップで売られているのは、データー通信用)。