中国滞在4日目

NO IMAGE

きのぴぃ@中国どす。昨日は、中国連通(ChinaUnicom)の世界風というプランに契約と書いたけれど、契約書には如意通となっていた。何が正しいんだか??

あきばお~のサイトを再度見るが、いいように解釈すると普通に電話も掛けられるように思ってしまう。買う人が勘違いしないよう、「データ通信専用です」と明記してもらいたいものだ。で、時々そのSIMをX01HT怪に入れて、遊んでいる。意外とデータ通信で580元ってなくならないものなのかな?モバイルgoogleマップとやらをインストールして、移動中に、「今はどこにいるかな」とチェックしたりしております。位置確認に携帯の基地局を使っているようで、位置精度はイマイチ。行きたい場所の行き方を検索できるので、単なるマップとして使うのなら使えると思う。

で、中国連通でもらったチラシを見てみると、WOのプランにはAit?とBit?というのがあって、Ait?はあまり電話を掛けずネットを使いたい人向き、Bit?はネットはあまり使わないけれど、電話を多く使う人向けらしい。いずれも、最低66元(924円;1元=14円とする)。

プリペイドカードだと日本で購入するとお高いが、現地で購入すれば安い。で、中国国内で契約すれば、もっと安いし、通話料もプリペイドなんぞよりお得。

3Gで如意中港通のプリペイドSIMを使っていて、すぐチャージ切れで電話が掛けられなくなってしまったのだけれど、その理由は、IP電話を使わず、00で始める方法で直接日本に電話を掛けてしまったからだった。GSMだと、6秒で0.8元だそうで、1分で8元掛かる(SIMカードを買った日本のお店のチラシより)。GSMだと40分は掛けられる計算になるが、3Gで使うと、もっと高くなるようで20分近く日本と電話していると、あっという間にチャージ切れになってしまう。

それにしても、中国は高級品を除いては、物価が安い。こちら杭州では、飲み放題食べ放題が多い。日本では、高価過ぎて普段食べないような食材でも食べ放題。大食いする人や飲んべぇには嬉しい街かも。

まだ行っていないが、日本で有名なマクドナルドやケンタッキー、味千ラーメンといったショップだけでなく、最近、ミスタードーナツやバーガーキングといったファーストフードのお店もできている。

これから一仕事と思うと気が重い。。。。