使いづらくなったものだ…PICKIT3

NO IMAGE

MicrochipからPICKIT3の単独で書き込みできるアプリPICKIT3v3.1をダウンロードしてPCにインストールしたのだけれど、PICKIT3アプリからProgrammer To Go(スタンドアロンで書き込みできる機能)が設定できなくなってしまった。
で、しかも、そのままの状態では使用できず、PICKIT3のファームウェアを書き換えろと出てしまい、アプリ自体も使えない。

渋々、PICKIT3のファームウェアを書き換えると、PICKIT3アプリは使えるようになったが、今まではそのまま使えたのに、PICKIT3アプリで使った後にMPLABでPICKIT3を使おうとすると、認識されなくなってしまうのだ。
PICKIT3アプリ上でMPLABモードとやらに切り替えて、それからでないとMPLABでPICKIT3が使えなくなってしまった。
その逆をしようとすると、PICKIT3のモードにしないといけないらしい。
また、Programmer To Goは、MPLAB上からでしか設定が行えなくなった。

どういう意味があって、こういった改悪行為を行ったのか理解に苦しむが、これだとPICKIT2の方が使い勝手が上ではないか(デバッグできないデバイスはあるものの、プログラムの書き込みだけなら殆ど問題ない)。
どうしたのだ、Microchipさん。