冬はやっぱりコタツでしょう

NO IMAGE

忘れもしない3.11災害で起こった原発事故から端を発し、節電しろだとか、電気代を上げるだとか。
一般人からすると、「いい加減にしろ!」の一言ではあるが、起きてしまったことなので、仕方があるまい。
とにもかくにも、我々一般人は自分の生活を守るため節電=節約に励むしかないのだろう。

おいらの今住んでいる所は、24時間空調を回している。というのも、建物の構造上、空気の入れ替えをしても
どうしても空気・湿気が篭ってしまうのだ。
当初、空気の入れ替えだけやっていたが、布団などがカビてしまったのをきっかけに、電気代は掛かるが、24
時間空調を回している。
24時間空調を使えば、ちょっとした恒温槽になるので、部屋にもよるが、湿気などもあまり気にしなくていいって
わけ。

そこで気づいたのは、空気が篭るため、24時間空調を回し続けていなくても、空気の循環機能を動作させるだ
けでも、冬は外より暖かく、夏は涼しいということだ。

この方法を使うと、若干節約になるのだが、完全に冬場となると、やはり暖房を入れないときついし、本格的な
夏場は冷房がないとこれまたきつい。
今の子供は温室育ちなため、すぐに風邪を引いてしまう。

そうだ、昔ながらのコタツを使えばいいじゃないか!
丁度、実家から使わなくなった小さいコタツを持ってきているのだ。

コタツに入りながらみかんを食べて…というシチュエーションならいいが、妻はともかく、旦那のおいらを始め、
育ち盛りの子供らはモリモリ食べる。故に、小さいコタツではだめなのだということで、却下された。
(その昔、おいらの家庭では、これくらいのコタツでご飯食べていたけどなぁ)

で、色々探した末、最近人気らしいダイニングコタツ

…妻に押し切られ、つい買ってしまった。
小さいサイズはタマ数はあるけれど、120~135cmサイズというのは、販売店でも出たらあっという間になくなってしまうのだとか(某リアルショップの店員さん談)。

このダイニングコタツとやらは、夏場はコントローラーを外すと、普通のダイニングテーブルとして使え、冬場にはコントローラーを付けて、コタツに早変わりするもの。高さがあるので、食卓としては違和感がない。
嘘か真か分からないが、某ショップでは1時間当りで換算すると、エアコンよりもコタツの方が2~3分の1程度までに電気代が安くなるのだとか(状況による)。
で、思わず費用対効果を計算してしまった。(;^o^A
(いけませんな。明らかに職業病ですなぁ~)

仮に、1時間当りの電気代を、コタツ5円、エアコン12円と仮定して、1日10時間。それを、5ヶ月(約150日)とすると、年間では、コタツが7500円(=5円*10時間*150日)に対し、エアコンが18000円(=12円*10時間*150日)となり、10500円の差となった。5年間で元が取れる計算だ。
多少の誤差を加味しても、5~6年で元が取れるはず。
これなら、5~6年先には、ちょっぴり贅沢ができる(かも?)。
上記は、一戸建ての場合のシミュレーション。
うちの場合は、空調だけで、1ヶ月の電気代10000円(推定)を越えることがあり(なぜなのよぉ(ToT))、上記の計算式には当てはまらないけれど、コタツに変えるだけで、冬場は相当な電気代のコストダウンが図れそうだ。

前のオーナーからタダで譲り受けた巨大(?)なダイニングテーブルがあり、長年使ってきたが、ダイニングコタツが来たら、コイツは引退となる。でも、処分に困るよなぁ…。どうしよう。。。