地デジチューナーを付けたけれど…。

NO IMAGE

地デジチューナー付カーステに買い替えると結構な出費となるので、格安地デジチューナーを購入。昨日、念願叶って車に積んで試してみたのだ。

アンテナはアンプ付4chダイバーシティ(フィルム式)のもの。今までは、在京のTV局はそれなりに映っていたので、地デジチューナーにしたから今度は更にくっきり奇麗に映るだろうと。

ところがだ。こちらの思惑と違い、あまりの映りの悪さに閉口してしまった。自宅の周辺でも余裕で見られたVHFテレビだが、地デジに変わった途端、全然映りもしない。途中アンテナレベルを同乗者に見てもらっていたけれど、何とまぁ受信状況の悪いこと悪いこと。

アンプ付4chダイバーシティは、カーステの映像出力を検波して、ノイズが入ったらアンテナを切り替えるシステムだけれど、地デジチューナーは受信できなくなるとミュートを掛けてしまうのだ。これでは、全くダイバーシティの意味がない。(;o;)

それにUHFを使っているため、VHFよりも受信状態が極めて悪い。東京タワーの周辺でなければロクに見られないのではないか。

地デジ関連のサイトを見ると、受信状態を改善しようと中継局を建てているものの、東京タワーからの電波と混信しないようにするためか、中継局のサービスエリアはかなり狭い。おいらの行動範囲は、殆どカバーできない状況。
東京タワーの電波を強くしなくても、PHSのように要所要所に出力の小さい中継局を建てれば、東京全域は何とかなるのでは?ウィルコムを見習ってほしい。

地デジのサービスエリアマップを見ると、どうも適当な空いている場所に中継局を建てているとしか思えない。土地問題もあるのだろうけれど、国を挙げてのプロジェクトとは到底思えない。一部の人間のみ得をしているだけで、ユーザーには恩恵は全くないのだ。

「地デジ地デジ」と叫んでいるけれど、この悪い受信状況を何とかしてくれ。エロイ人…いや偉い人。