子供用ピカちんドローンは簡単ではない…

NO IMAGE

木ノ下家にサンタさんがピカちんドローンなる物をプレゼントしてくれたようで(;^o^A

軽いので航空法に引っかからないものらしい(200g以上は航空法の規制対象)。

この通り41gと軽い。
USBで充電し、4分使用可能なのだとか。
充電コードを挿すと、ドローンにしっぽが生えたようになる。こんな感じ。

メーカー曰く「屋内推奨」とのことなので、家の中で楽しめそうだな…などと思っていたのだが、いざ狭い家の中でやろうとすると、勢いよく上昇するものの、すぐにコツンとぶつかり、モーターが止まる次第。
これって、どういうシチュエーションを想定しているのだ??
まぁ、柔らかい材質でできているので、顔にでも当たらなければ怪我は大丈夫だろう。
しかし、家でこんな状態じゃ子供のフラストレーションが溜まってしまいそうだ。

ということで、広めの公園に行ってやってみたが、正解だった。「屋内推奨」というのは、どうやら体育館のような広い所を想定しているのではないかと思う。

まず、おいらがやってみるが、
「ほう、結構高く上がるのね」
と思っていたら、公園の木の枝にぶつかって墜落。
ちょっとぶつかっただけでも、止まるようになっているが、子供が使うことを考えれば、これは正解だと思う。

続いて、調子に乗って上昇させていると、急にコントロールが効かなくなり、パニックに。
コントロールの効かないドローンは公園の塀に引っかかりプロペラが停止。公園に面している民家の庭に墜落…。
墜落させてしまったお宅にインターホン越しではあるが、平身低頭お詫びして、お許しいただいた。
(子供は分かっていないようだが、)これがもし、大き目のドローンだったとすると…ゾッとする。
以前の書き込みで批判したドローン少年の気持ちがちょっぴり分かったような気もする。

その後に、民家がない所に行ってやってみたが、やはりドローンは人の迷惑が掛からない広い所でやるのが一番いいようだ。
近所でそういう場所を探すのが一苦労だな、しかし。

おもちゃとは言え、ドローンである。ジャイロセンサー付きとはいえ、結構難しいのだ。
カメラはないけれど、入門用としてやるならいいのかも知れないね。
ボディは柔らかいし、ちょっとぶつかっただけでも、止まるので、安心ではある。
狭い住宅地でやろうとすると、あちこちにぶつかり、非常に危険。大人が管理してないとキツイかなぁ。