携帯電話代を節約

NO IMAGE

これは非常に悩ましい問題。

ヘビーユーザーであれば、キャリア現行の料金プランの方がお得。
しかし、あまり電話は使わず、パケットも1GBあれば取り合えずOKというユーザーにとっては、以前の料金プランの方が安かったのだ。
そんなわけで、おいらはDOCOMOのバリュープランに入っているので、基本料はカケ放題より安い。
いくらカケ放題がシェアできても、家族間は電話料金無料なので、あまり電話代が掛からない計算。

でも、スマートフォンを使うには、FOMAカードではLTEの携帯が使えなくなってしまったので、FOMAの中古白ロムスマートフォンを買うか、Xiの契約にするか、あるいはMVNOのSIMにするしかない。
料金プランからすると、おいらの場合は、MVNOの方が明らかにお得ではある。
メルアドが変わったりなどしても自分自身DOCOMOを離れるのは抵抗はないのだけれど、そうなるとイマドコサーチなるものが使えなくなってしまう。
これはDOCOMO特有のものなので、完全にMVNOに移行してしまうと、使えなくなってしまうのだ。
DOCOMOの回線は必ず残さなくてはならない。
うむー。

取り合えず、SPモードに契約したので、スマートフォンでもiモードメールが見られるようになった。DOCOMOの回線さえ残しておけば、MVNOのSIMを使っても、イマドコサーチは使えそうだ。

さて、他にはどんな節約をしようかな…と思いついたのは、「楽天でんわ」とこのブログにバナーが付いている「G-Call」だ。
これらのシステムは、有線電話にあるマイライン(ってまだあるのかな??)と同じで、掛けたい相手の電話番号にプレフィックスなる番号を付けて電話するのだ。
そうすると、携帯キャリアの回線を迂回し、「楽天でんわ」あるいは「G-Call」の回線に繋がり、そこから相手に繋がるという仕組み。
電話番号は変えずに、そのまま使えるってわけ。
国内電話だけ見ると、「楽天でんわ」は、10.8円/30秒、「G-Call」は10円/30秒となり、各携帯電話キャリアの半額となる。
G-Callは、携帯だけでなく、固定電話のも登録が可能であるが、NTT光回線を契約していれば、ひかり電話Aという格安プランがあるので、固定電話としてはあまりメリットはない。
色々災害が起こっており、家族との連絡にこういった連絡網の確保もよいのではないかと思う。

さらに節約しようとすれば、IP電話に勝るものはない。
フュージョンが提供しているFUSION IP-PHONE SMARTというのとNTTが提供している050plusだ。
料金云々ということを考えると、月額基本料の掛からないFUSIONの方が安い。050plusも期間限定ではあったが、OCNドットフォン300とのセットで永年月額基本料無料を打ち出しているが、すでに終了してしまった。
それと入れ替わるように、OCN モバイル ONE音声対応SIM契約者は050plusの月額基本料無料となっている。
ある程度使う人にとっては、050plusが電話代が安くなり、短い通話かつ頻度が少ないのであれば、FUSIONの方がお得といえそう。

回線速度によっては、両者とも変わらなかったり、050plusの方がよいケースもあるとのこと。しばらくは、FUSIONを使ってみるが、あまり我慢できないようであれば、MVNOの乗り換えと同時に050plusに移行しようかと思っている。