散在は続くよどこまでも…

NO IMAGE

昨年の暮れにスキーしに行って来たけれど、冬登山用ブーツを見て、異常に気付いたのはすぐ。
「!?」
スキー場に付いた頃には↓
DSC00099_1

気を取り直して、家族サービスをしていると、スノボ用ブーツにも異変が…。
DSC00098_1
かかとの部分がなくなっていたのだ。
ひー。
しかも、10年以上経つので、ワイヤーを支えている部分までがボロボロになってしまった。
気に入っていたのにぃ。
ワイヤーはなんともなく、他がいかれてしまうとは…。

そんなこんなで安い今だからエイヤ!と、冬登山用ブーツはともかく、スノボ用ブーツを買い換えた。
(安い今なので、必要な時に買えばいいやという意見もなくはないが)
それがこれ↓
DSC00146_1

ボロボロになってしまったのは、VANSというメーカーのもので、ダイヤルを回すとワイヤーが締め付けられ、ホールドされるというわけ。
脱ぐ時は、ダイヤルのストッパーを解除すると、あっという間。
買った当時は、それが画期的で、しかも滅茶苦茶高かった。
でも、結婚前には結構滑りに行っているから、ブーツも本望かな。

でも、それが今ではブランドさえ選ばなければ、以前の半分くらいの値段で買えてしまうのだから、どうよ?という感じではある。
無駄遣いを自粛しなければいかんよな、ぢぶん。