昨今のネット住人に思う

NO IMAGE

おいらのネット歴はパソコン通信なるものを含めると、20年位にはなるだろうか。
(といっても、エキスパートではないが)

その間、色々なことがあった。

パソコン通信用のモデムが改良され9600bpsだのなんだのになり、サクサク表示されるようになった。
インターネットは、Windows95が出始めてから始め、ホームページなんぞも始めたし、独自ドメイン取得もやっていた。
PHSなんぞを使ってネットを使うこともやったっけ。
その頃は、確か結構な通信料を払っていたような気がする。
1990年代、ネットはまだまだマニアの扱うものだった。ネット住人は、マニアックというイメージだった。

その後に携帯でネットができるようになり、携帯と通常のネット文化が融合するようになり、スマートフォンの登場と共に更に敷居が低くなった。
誰でも、ネット住人になれるのだ。
以前ではコネがなければ無理だった、評論家になったり、カメラマンになったり誰でもできる。

ネット社会になり便利にはなったものの、どうもモラルを問うような事件が発生している。
最近あった爪楊枝事件やリアル店舗の店員にいちゃもんを付け、土下座をさせ、それを動画にアップする輩…などなど枚挙にいとまがない。

事件ではないが、動画サイトでも、「コイツばかだろう」と他人のトラブルを撮影して笑うおばかさん。それに同調するのもする方だとは思う。
凄く最近のネット住人には違和感を感じる。

確かに、以前からあることないこと人の悪口を匿名で書き込む根暗な輩もいて、そいつもそいつだけれど、最近のは実に大人気ない。
まぁ、仕方ない、中には子供もいるのだから。
みなさん、現在のネットは、不特定多数が嫌でも見られる状況にあるのをご存じないのかな?

ばかなことをするのであれば、クローズの場所を作り、不特定多数の人の目に着かない所でやってほしい。
フェイスブックなら安全? そんなことないですがね。

有名になるために何やってもいいの? ばかも休み休みに言いなさい。

大の大人がアフォーなことをやっているから子供が真似するのだろう。ネット住人には、もう少し大人になってほしいなと思う今日この頃。