本日帰国

NO IMAGE

今日長かった(といっても3泊だが)出張も終わり、本日帰国。中国ではカルチャーショックがあって、色々な意味で面白かったかも。

実は、昨年冬、中国出張にあたる予定だったので、ChinaUnicomのプリペイドSIMカードとリチャージカード100元分を買っていたが、お蔵入りになっていた。現在、そちらのSIMでGSMを使っている。もうそろそろ使えなくなるんだろうな。
折角なので、パケット通信できないかと思って、X01HTで頑張って見るものの、いくらやってもだめ。

どうも、日本国内で販売されているChinaUnicomのSIM(広東・香港のダブルナンバー品)ではパケット通信しようといくら頑張ってもだめらしい。
3Gでパケット通信したければWOと呼ばれるサービスに対応したプリペイドでないとダメなようだ。ポストペイ(後で引き落とし)SIMはパケット通信ができる模様。

まぁ、そもそも日本に電話を掛ける手段としての携帯だったので、無問題ですかね。

で、中国携帯なのだけれど、例えば広東市で購入したものは、広東市内なら安いが、他の地域に持ち込むと、市外通話扱いになるらしい。しかも、国際電話を掛けようものならば、市外通話+国際電話のダブル料金がかかるのだっ!
日本で売られてるものは、広東市内では安いが、他の地域で使うと市外料金が発生。今、滞在している杭州市では市外通話が掛かっているということ。

相手に電話番号を知らせたいために前もって購入するという向き以外は、目的地に着いた時にSIMカードを購入するのがよさそう(リチャージカードと称するプリペイドに度数をチャージするカードはどこで買ったものでも共通に使えるらしい)。
ホテル(中山国際大酒店)の近くでは、3件ほどSIMを売っているお店があった。そのうち2件は怪しい臭いプンプンなんだが…。

特にChinaUnicomに拘りはないので、飛行機に乗る前の時間があれば、次回出張のためにChinaMobileのSIMカードを買っていきますかね。そうすれば、次回SH-06A+ゲタだけでいいかも知れない。

パケット通信をどうしてもというのであれば、かなりお高いがDoCoMoのSIMを使って、海外ローミングしてChinaUnicomのアクセスポイントを使用する方法もある。

そうそう、今ホテルから書き込みしているけれど、ホームページを閲覧する際に特定のサイトを見ると遮断されてしまうようだ。中国側での検閲が原因なんでしょうな。
ちなみに、おいらの時々毒吐きブログは無問題!