行政はこうでなくっちゃね

NO IMAGE

以前、エンジンオイルを交換したけれど、処分する際ガソリンスタンドになぜかイヤミを言われた件(1回目お願いした時には2回目もよいと言っていたのに…)を書き込みしたけれど、別件で調べ物をしていたら、販売店のサイトでは残念な情報が掲載されていたので紹介しよう。

これは、恐らくDIYで余ってしまったブロック・レンガの処分に困った人の質問なのだろう。
http://www.joyfulhonda.com/jp/faq/garden/101.html#more
まぁ、答えとしては、「うちは知らん。廃棄物処理業者に処分してもらえ」ということだ(販売店のサイトで正式に告知しているだけ、ましだと思う)。
ネットショップなども売ったら売りっぱなしの傾向にある。

まぁ、処分できない物を売りつけるなと言いたいが、ごねれば恐らく「うちは業者向けの販売店なので」と居直られてしまうのかも(カインズを始めとしたDIYショップは、どう見ても、一般向けにも売っている)。
カインズのオイルは確かに安いが、処分に困るので、もう購入しないことにした。少々高価であっても、廃オイルを処分してくれる販売店で購入しようと思う。

そんなご時勢ではあるが、行政として、きっちり情報を出している所がある。それが、愛知県小牧市だ。
http://www.city.komaki.aichi.jp/gomi/bunbetsu/shigen/002079.html
大抵、市などに問い合わせれば、「販売店に相談しろ」と言うのが関の山である(「廃棄物処理業者に処分してもらえ」と言う所もあるかも知れない)。
しかし、引取業者のリストを品種別に掲載している。それが、他の行政との違い。
こういった取り組みには拍手を送りたい。
うちの市でも是非見習って欲しい所。

行政は、ゴミを減らせとか言っている割には、廃棄物に関し、放置プレイなのだ。
うちの市は、ゴミが一番少ないだの何だの競争して。そのしわ寄せが、民間に来ているのだ。
引取業者に引き取ってもらえと言うのは、子供にだってできること。行政は、民間にこういった役立つ情報をもっと提供するのは務めではないのかな。

また、DIYを推奨する雑誌などもあるが、DIYを推奨するだけでなく、ゴミを廃棄するための情報なんかも掲載して欲しい。

【追伸(2012.11.24)】おいらが住む某市の広報を見ると、「ゴミが少なくなるように買い物をしましょう」だと。で、一部のものに関しては、販売店に引き取ってもらえとか言っているし(法的な根拠なし)。販売店は販売店で、廃棄物処理業者に処分してもらえというし(販売店がゴミを引き取らなくても罰則なし)、みんなして無茶苦茶なことを言っているのだ。
片方では綺麗ごとばかりいっているし、片方ではゴミの押し付け合いをやっているし、そんなことではゴミなんぞ片付かないぞい。少しは、小牧市の爪の垢を煎じて飲んでくれ。
それとも、市民に生活活動をしないでくださいとでも言っているのかな?(ボソッ)