遅ればせながら…

NO IMAGE

おいらもWindows7を導入した。古いソフトがあるので、XPモードが使える最低ラインのProfessionalを購入したけれど、工夫すればそのままXPで使えたソフトがインストールできそう。

ソフト側でXPでないとはじかれるケースがあり、そんなソフトをインストールする際WIN-VISTAの時も結構苦労したし、使えないと諦めざるを得なかった。場合によっては、仮想マシンを使うなんて方法もあったけれど、パフォーマンスがイマイチ。

Office2000とCisco VPN Clientはそのままではインストールできないけれど、工夫をすれば、Windows7でもインストールでき、そのまま使用可能なのだ。その方法は、ソフトのインストール用ファイルにカーソルを持っていき、右クリック。互換性のトラブルシューティングを選択し、Windows2000互換ということで起動すれば、難なくインストール完了。Office2000に関しては、なぜかそのままではインストールできず、カスタムを選択してやったらインストールできた。

それで、だめであれば、XPモードを使えばそれでよろし。XPモードは場つなぎではあるけれど、それなりには使えそう(過大期待はしないように)。

ちなみに、おいらが以前作ってVectorで配布している携帯の拡張子変換ソフト3GP Exchange ver.4は、WindowsNT互換にすれば動作した。そのままでは動かなかったので、諦めモードだっただけに、ちょっぴり嬉しい。