遅ればせながら、Raspberry Pi

NO IMAGE

Raspberry Piなる物の本が最近ちらほら見られるようになったので、非常に興味を持つようになった。
電子書籍でもRaspberry Pi関連の本を購入し、ついには買ってしまったのだ。

購入先は、RSコンポーネンツ。同社に登録しないで購入することもできるが、同社に登録しておけば、
少々お安く購入することが可能だ。
楽天でも、Raspberry Piを扱うショップが出てきている。Bタイプ(メモリが大きなヤツ)で最安値は、下記↓

適当なSDHCカードにOS(Rasbian=Debianの亜種らしい)を入れて、起動させると、普通にLinuxが
起動するではないか。
この辺の起動用SDHCカードの作り方は、他のサイトを参照していただくとして、横着な人用にRasbian
が予めインストールされている物が販売されている。

携帯で動くWindows7もあるくらいだから、今時当たり前なのかも知れないが、あのMZ80というコンピ
ューター(確か、その頃は、パソコンなんて言葉はなかったね)の大きさを知っているが故に、こんな小
さな基板で動くPCに興奮し、感動を覚えた。

JTALKというものを使えば、言葉を喋ることができるし、GPIOの操作も比較的簡単にできるので、ちょっ
とした制御系の用途にもいいかも。

ただ、小さいために、マルチタスクさせるとか重い処理をさせると、すぐにCPU使用率が100%になって
しまい、動作が重くなってしまう。
CPU自体がチンチンに熱くなるので、ヒートシンクも必要なのかも…。

値段を考えれば、PCのマザーボードも買えるので、状況によっては、PCの方がいいという向きもあるか
も知れないが、小型でちょっとした制御系にも簡単に使えることからRaspberry Piがいいかもね。

下記の電子書籍は、英語だけれど、Raspberry Piのプログラミングを分かりやすく解説してくれている。
PYTHONがメインではあるけれど、Raspberry Piに慣れるには良本だと思う。