つい気になって、気になって、A3ノビまで印刷できるインクジェットプリンターCANON ip9910とPRO9000を購入(もちろん、現行機種ではないので、中古)。
それらは、写真印刷において評判のよいものではあるが、2台購入したのには訳がある。

ip9910は、プリントヘッドが故障しているようだったので、中古のプリントヘッドを入手するも、どうしても1色出ず…。プリントヘッドをぬるま湯でジャブジャブ洗い、注射器で水を吸引したりもしたが、ダメだった。
どうやら本体の故障のようだが、修理は昨年で受付終了してしまったため、修理できず、粗大ごみ行きになるかも?
PRO9000と比較したかったのに。

ip9910を半ば諦め、PRO9000を買うも、初めて廃インク漏れを経験。廃インクのお陰で、手が真っ黒に。プリンターのインクは、手に付くと、結構落ちないものだね。(;^o^A
発想の転換というか、プリンターを縦にし、強制的に廃インクを出してしまう。当然、中はインクだらけになる…。
それと同期して、先に購入したip9910もなぜか廃インク漏れを起こす。20回ほどクリーニングしただけなのに、あんな状態になるとは…。場所の関係で、横ではなく縦にして置いておいたのが敗因ではあるが、インクジェットプリンターって危険なのだ。

汚れた手を何とか綺麗にし、PRO9000を使って、お任せでA4写真印刷した所、ip6100DとMX860と比較しても、綺麗だというのは十分分かるし、ダーク系の色も綺麗に出ており、明らかにモニタに近い色合いとなった。
PROを名乗るだけあり、プロファイルを作らなくても、これなら満足できてしまうかも。全弾2plというのはダテではないようだ。

しかしだ、近く(おいらの場合は5cm)でまじまじと見てみると、2mm間隔で横線が入っているではないか。
もしや、不具合か?という不安が過ぎる。
色々調べてみると、これが某サイトで噂の横線不具合(?)なのだというのが分かった。

ip6100DとMX860のプリントした物も比較して見ると、PRO9000程極端ではないが、「よ~~~~く」見ると横線が見えるが、それ位微々たる物ではあった。
プリンターの仕組み上、横線が入ってしまうのは、仕方がないのことかも知れないが、高価な機種であればあるほど、エントリー機よりも横線が目立ってしまうと、怒ったり、がっかりしてしまうのは当然だろう(新品で買っていたら、おいらも怒っていたかもね)。
ということは、同じようなプリントヘッドを使っているらしいA3ノビ機ip9910やA4専用機ip8600も、色合い以前に横線が同じように入る可能性が考えられる(PRO9000シリーズは、QY6-0076という型番のプリントヘッドを使っているが、ip9910などで使われているQY6-0055という型番のプリントヘッドと見比べても、全く区別が付かない。何が違うのだろう。はて?)。

確かに、印刷物を離して鑑賞する分には、これなら問題ないであろうが、一部でもエントリー機に性能で負けているのは、いかがなものか??
PRO1に力を注ぐ(?)のもいいけれど、5~6万円台のプリンターに関しても、もうちょっと頑張ってよ、キヤノンさん。

 

※PRO9000の横線問題というのは、どうも中古で購入した場合に起こる症状のようで、気になる人は、新品のプリントヘッドに交換して、試してみては?おいらの場合は、本当に「目からウロコ」であった。(2012.9.22削除&追記)