おいらは楽天カード愛好者だ。以前は、Yahoo!カードなるものも使っていたが、Yahoo!そのものに少々不安を覚えてきており、しかも以前のYahoo!カード自体もなくなってしまうというではないか。最近では、Tポイントに寝返ったようだし…。
そのため、クレジットカードをリストラすることとなったが、残ったのは、紹介する楽天カード。

正直言ってしまおう、楽天カードは非常に便利で、海外旅行の傷害保険(死亡・後遺障害最高2000万円)まで付いてくるのだ。入会条件が低いのに、この手厚いサービスは凄い。

100円1ポイントなので、楽天市場のショップで購入すれば、2倍ポイント(楽天基本ポイントの1ポイント+楽天カードの1ポイント)になる。楽天市場で楽天カードを使って買い物をすれば、更にお得というわけ。
年会費永年無料というのもありがたい。
クレジットカードの中には、まともなサービスもないくせに、立派にお金を取る詐欺まがいの会社があるものね。

楽天カードの有償版である楽天プレミアムは、海外旅行の傷害保険の金額が死亡・後遺障害最高5000万円にアップするだけでなく、国内旅行の傷害保険も付属し手厚い。ゴールドカードなので、更に多彩なサービスが受けられる。

ゴールドカードは大抵1000円で1ポイントというのが多く、1000円以内の買い物だと一切ポイントが付かない中、楽天プレミアムは、楽天カード同様100円1ポイントなのが嬉しい。楽天市場のショップで購入すれば、2倍ポイント(楽天基本ポイントの1ポイント+楽天カードの1ポイント)になる。

楽天プレミアムで使える空港カードラウンジは、国内線のみで、国際線では一切使えないが、プライオリティパスというものもサービスとして受けられるので、空港によっては、国際線の航空会社のラウンジが使える(成田や関空など)。以前は、プライオリティパスの到着に時間が掛かったが、最近は発行は楽天が行っているらしく、ネットで申し込んで1週間くらいで到着した。
楽天プレミアムを申し込んでから、最低3週間位見ておけば、プライオリティパスをゲットできるかも。

残念なのは、
・トラベルコースにしないと、空港からの手荷物宅配サービスが(年2回まで)無料で使えない。

・コースの切り替えは、半年単位でしか受け付けられない。最近、旅行が多くなったから、手荷物宅配サービスが受けられるトラベルコースにしようというのは無理と言うこと。

・プライオリティパスは、日本では使える空港ラウンジが少なく、時間によっては受け付けてもらえない場合がある(関空のKALラウンジは出発便でないとダメで、夜は自社便のラウンジ使用対象者でなければ受け付けないとのこと)。プライオリティパスが使えるラウンジは、積極的に誰でもどうぞというよりは、会社の宣伝という意味合いが強いようだ。
それに、プライオリティパスは、大型国際空港でない空港では、一切使えないようだ。

・楽天プレミアムで使える空港カードラウンジは、国内線のみで、国際線では一切使えない。

・年会費が10500円と高額である。

…ということか。

しかし、空港ラウンジは、出発する空港を選べば、便利に使えるのだ。
羽田空港の国内線であれば、楽天カードで問題なく使えるし、成田空港では、セキュリティチェックを出た所にあるKAL・UAが、出国手続き前エリアでもプライオリティパスで使える。
関東圏に住んでいてよかったということですな。ぢぶん。

また、年会費が10500円と高額であるが、プライオリティパスが使えるゴールドカードは20000円台が常識なのだ。それから考えると、10500円は破格と言えよう。
飛行機に搭乗する人なら、頻繁に空港ラウンジを利用すれば元なんて取れてしまうだろう。

持ち主のおいらが思うに、空港ラウンジを使わない向きは、年会費永年無料の「楽天カード」、空港ラウンジも使いたい向きは「楽天プレミアムカード」がいいと思う。