昨日、ASUS MeMo Pad HD7を買ってしまった。
じゃじゃーん。


といっても、おいらのは青色(ブルーベリー)の物。

実は、これに決まるまでに色々あったのだが、最後の最後に同じ値段のNEXUS7(2012)32GBと比べてみて、コイツに決めた。
コイツは、NEXUS7とは違い、公式にはUSBホストには対応していないらしい。
2つほどUSBハブを購入したのだが、いずれも玉砕!

しかし、実際USB機器に繋いで動いたという報告がいくつか存在していたのだが…。
う~ん、分からん。USB機器が使えたってのは、ガセネタなのか??

↓ここの動画を見て、ようやっとある方法を使えばUSBホスト機能を動かすことができることに気づいた。

この動画の主はセルフパワーのUSBハブを使っているのだが、セルフパワー付属の電源を使わず、USBポートの1つにUSBコードを接続して、直接5Vを給電していたのだ。
おいらも気になって、同じことをしてみたら、スンナリできてしまったのだ。
認識したUSBポートのランプもしっかり光るし、ホンモノである。
ZaurusやSIGMARION以来、PDAでUSB機器が動いたので、感動一塩。
さぁ、そこのあなたもUSBを繋いで喜びを共に分かち合おう!
ちなみに、おいらが成功したのは、エレコムのU2HS-MB01-4BBKというバスパワーのもの。セルフパワーの物は、そのままではダメだった。しかし、中を改造すれば使えそうだね。

現在、Unrootできないので、Root化しているために成功したのかは定かではない。しかし、USBメモリーの認識のためには、Root化+USB OTG Helperなるアプリは必須であるのは間違いない。
メモリー以外は、USB OTG Helperの起動は必要なかったのも、併せてご報告しておこう。

ちなみに、XPERIA改やideatabは、残念ながらUSBホストにはならなかった。USBホストの機能がソフト上入れられていないのだろう。
MeMo Pad HD7にどんな機器が接続できるのか楽しみではあるが、まぁ、キーボードやマウス、USBメモリーといった基本的なデバイスだけかも…。

BluetoothでもHIDプロファイルが使えるので、キーボードやマウスは使えるが、それでも、USBでキーボードやマウスが使えるのは便利だ。

ワイヤレス充電機能とNFCが付いたNEXUS7(2013)とも迷ったのだが、コイツに決めた理由は、アウトカメラが500万画素で、しかもオートフォーカス。ちょっとした撮影もさることながら、QRコードリーダーも問題なく使えるね。
あと、マイクロSDが使えると言うのも理由。
値段がMeMo Pad HD7の方が安い。
NEXUS7(2013)もいいのだが、内蔵されているNFCは、データこそ読めるが、おさいふケイタイにはなれない物らしい。せめて会員証にでもなるといいのだが、実に惜しいなぁ。

USBホストが使えるとなると、値段がNEXUS7(2012)と同じでも、コスパが高いかも知れない。今から思うと、ideatabで回り道しないで、始めからコイツにしていれば満足度は高かったのかも。
ideatabは、いずれ子供のおもちゃかな??