何日かGoogleクラウドプリントを使ってみて、思ったこと。

1.Raspberrypi+USBプリンターを登録したのだけれど、オフラインになってしまうトラブル発生。
元々そいつのドライバーをインストールしたPCがキモらしい。確か従来は、クラウドプリント対応のプリンターでないとGoogleクラウドプリントが使えなかったのだけれど、PCにインストールされているプリンター(ドライバー)があれば、それを反映させることができる機能(「従来のプリンターを追加」)も持っている。
Googleクラウドプリントに登録した際に使ったPCの電源を落とすと、登録したプリンターがオフラインになってしまい、全く使えなくなってしまうのだ。
「従来のプリンターを追加」は、登録した際に使ったPCありきなのだ。つまりは、ネットワークを通して、PCにインストールされているプリンターを共有しているというわけ。
当然と言ったら、当然なのかも…。

2.CANON MG8230をGoogleクラウドプリントできるように設定したが、原因不明のトラブル発生。コイツならクラウドプリント対応なので、プリンター単体でOKなはずなのに、オフラインになってしまった。
どうも、登録した際に使ったPCに同じプリンターが登録されていると、バッティングするようなのだ。
仕方なく、登録したプリンターを削除し、再度Googleクラウドプリントに登録した。
また、使っているMG8230という機種は、Googleクラウドプリントがらみのトラブルも持っているらしく、ファームウェアのアップが必要なのだとか。取り合えず、旧ファームウェアで動いているので、様子を見ようかと思っている…と書いている矢先に、また動かなくなってしまった。ファームアップするかな。
ちなみに、ファームアップすると、今までなかったAirPrintにも対応するようだ(ついでに、MG7130などの最新機種でしか対応していないCanonのクラウドサービスにも是非対応させてほしいね)

3.Android4.2と4.4では、アプリの動作が違うようだ。同じブラウザであるChromeでも、Android4.2になかった印刷というメニューが、4.4で突如出現する。4.4では、印刷サービスとやらに、対応しているかららしい。出先でどこかのサイトを見ていて、「これ印刷したい!」と思ったら、サクッとできるのだ。
これは便利だった。