CB無線の世界では平成34年に新スプリアス規格に対応していない無線機が使えないと大騒ぎになっているようだけれど、アマチュア無線でも他人事ではなかったのだ。
アマチュア無線でも技術基準適合証明(技適)を受けた無線機も存在しており、新スプリアス規格前に技適を取得した機器の場合、平成29年11月30日まで再免許申請OK。平成34年11月30日以降は再免許すら受けられない状況のよう。

これについては助け舟があるらしく、

1.新スプリアス規格に対応している無線機に買い替え
2.機器に問題なければ、自分若しくは認証機関(JARDまたはTSS)などでスプリアスを測定、総務省に「スプリアス発射及び不要発射の強度確認届出書」なる書類を提出。
3.フィルターを付加し、変更申請する。

1に関しては、助け舟というよりは、古い機械は捨てなさいということ。

2に関しては、新スプリアスに適合しているのだと証明できるのであれば、OKということ。しかも、1年以内に校正された機材を使うのであれば、測定者は誰でもいい。なので、レンタルで測定器(スペアナ)を借りてきて、測ってもOKということ(測定器関係のコネがある人は、無料でできてしまうかも)。測定結果のハードコピーは要求されていないが、いざというときに提出できるようハードコピー、または画像を残しておくといいかもね。

総務省の資料によれば、
「確認届出書による新スプリアス規格への対応については、免許人の任意の手続きであることから特に測定者の資格を制限していませんが、用いる測定器は較正等を受けた日の属する月の翌月から起算して1年以内のものを使用することが前提となります。
なお、測定を登録検査等事業者やディーラーなどに依頼することも可能です。
測定法については、スプリアス領域における不要発射等の測定方法例(平成16年11月29日 情報通信審議会答申(諮問第2007号関係))を参照下さい。(原文通り)」

なお、新スプリアスに適合していると確認された機械に関しては、確認届届出書の提出は行わなければならないが、総務省にて新スプリアス規格への適合が確認できた機器に関しては、データを記載する必要はない。
つまり、測定する必要はないということ。
「運用中の無線機器のスプリアスを測定し、新スプリアス規格に適合することを確認後、別紙の確認届出書を提出する必要があります。
  なお、製造業者等の測定データにより新スプリアス規格に適合することが確認できた無線機器は総務省においてホームページで公表することとしており、公表された無線機器と同一型式のものについては、確認届出書の測定データ部分の記載は必要ありません。(原文通り)」

3に関しては、総務省に直接変更申請できることになっているが、系統図などの書類などが面倒になるのは間違いなく(高度なものを要求されるはず)その辺の知識がない人は無理。JARDやTSS経由で変更申請をしてもらう方が妥当だと思う。

おいらの場合は、スペアナはあるので、校正してもらって2という選択肢もできるのだけれど、都合により保証認証を受ける予定なので、3という選択肢になるかな。