富士通LIFE BOOKのWindows10アップグレードでトラブルが出たので、非常に困っていた。
元々は、Windows7 Homeだったのだが、OSがクラッシュしてしまったのを機に、Windows7 Proにして、流行に乗るべくWindows10 Proへアップグレードした物。

今日になって、OSが勝手にアップグレードして、再起動を何度も繰り返すので、流石に異常があることは理解できた。
OSが起動して、数分も経たないうちにブルースクリーンになる。

何だろうとブルースクリーンの際に出てくるエラーの発生したsnp2uvcW10.sysというファイル名をメモして、ググってみた。
こちらのサイトにヒントがあった。

どうやら、富士通ノートPCに起因するトラブルのようで、FJCameraなるドライバーがOSによって勝手に当たっているのだが、そいつをアップグレードしようとして失敗したようだ。
どうも、コイツは、内蔵カメラのドライバーらしい。

何度もOSを古いビルドにしようとしたのだが、ブルースクリーンになるのが早く、デバイスマネージャーを開き、FJCameraドライバーを削除。
すると、ブルースクリーンが出なくなったではないか。

その後、2回ほど再起動させられたが、勝手にドライバーが入り、今は安定している。

流行に乗ろうとOSをアップグレードするのも、考え物なのかも知れないね。

そうそう、Windows10タブレットでOSを最新ビルドにしようとしたのだが、ドライブの容量不足でできないのだとか。
だったら、メッセージださねーでくれよ。