何を思ったのか、見向きもしなかったMP3プレーヤーを購入。何と390円。
IMG_20170506_100609
威風堂というメーカーから発売されているIFD-138というもので、i●od シャッ▲ルに似ているが、どうせ大したことはないだろうと思っていた。

しかしだ、コイツ侮れないのだ。
一部木でできているお気に入りのオーディオテクニカのATH-ESW950で聞いてみると、音に関しては、390円とは思えない。

マジかよ…。
比較するのが、音に特化したプレーヤーだったら足元に及ばないのかも知れないが、下手なスマホで聞くよりは断然いいと思う。

PCに接続してみると、USBメモリーになる(これは他のも同様)だけでなく、予想もしなかったサウンドインターフェース機能も付いているではないか(説明に書いていない)。
サンプリングレートは48kHz固定のようではあるが、他のサウンドインターフェースで同じサンプリングレートで聞いたのと遜色ない感じ。
ボリュームやFF/REWなどの機能もPCのアプリ上で使えるのだ。
こりゃ便利ではないか。
残念ながら、andoridではサウンドとして認識できなかったが、PCに繋いでお遊びに使うのであれば丁度いい。

メーカーのサイトを見ると、どうも通常品ではないようで、通常品から貧相なイヤホンを除いてコストダウンした、通常ルートで出回らない製品のようだ。
後は耐久性がどうかではあるが、390円であれば、まぁ惜しくはない感じではあるかな。
オークションでは、高めの値段みたい。
使い捨て感覚と言えるのかも知れないね。

ホームセンターなど色々な所で格安で売られているようなので、お遊びで使いたい向きは、お試しで購入されてみては?