うちの電話が壊れてしまったのがきっかけで、AGEphoneというアプリを再びインストールしているのだけれど、純正アプリだとまともに使えなかったIP電話のFUSIONもまともに使えるようになった。

何がまともなのかというと、以前、FUSIONの純正アプリを入れていて使ったことがあるのだけれど、喋った声は相手には聞きづらいらしく、電話の相手の声が受話器から出るのでなく、サウンドのスピーカーから出てくる始末。
通話できるヘッドホンを使っても、イマイチといった感じ。
「使い物にならねー」と思ったものだ。
そのために、しばらくFUSIONは使っていなかった。

しかしだ、AGEphoneだと普通に電話を使う感覚で使える。至って普通だ。FUSIONのアプリは、その普通ができなかった。
今のアプリは、改善されているのかも知れないが、電話代を掛けてまでテストする気にはならない。

再びインストールしてお気に入りになったAGEphoneに残念なことが、1つある。
AGEphoneはいちいち回線を切り替えなければならず、例えば自宅のひかり電話とFUSIONが登録してあるとして、FUSION側に切り替わっていると、ひかり電話では受けることができないのだ。
これは、専用機でもないので仕方がないかな。
何よりも、FUSIONがまともに使えるようになったのが一番嬉しい。