ポケモンGOを初めて、早3か月が経とうとしているが、「絶対にお金が掛かる使い方をしない!」と決めていたのだが、ついにお金を出してしまったのだ。
ポケモンGOだけに限ったことではないと思うが、うまくできていると思う。

しかも、任天堂Switchにリンクしているので、相乗効果が高い。
そのSwitchもアプリが2種類あって、あるステージまで行くと、必ず壁にぶち当たり先に進めないようになっているみたい。
強いポケモンが行く手を阻むのだ。
恐らく、よい子はクリアできず、ここで泣きまくっているに違いない。

そういうことも計算しているのだろう。
映画の前売り券を買うことで得られるシリアル番号を入力すると、あの伝説ポケモン「ミュウツー」が手に入ってしまうのだ。
戦隊ものグッズよろしくポケモン好きな子供に親がせがまれる構図の完成だ。

この「ミュウツー」が手に入ると、行く手を阻む強いポケモンを蹴散らすことができるのだが、この「ミュウツー」君、結構気まぐれ者だったりする。
とっととやっつければいいのに、飼い主の命令を無視しまくる。しかも、強いくせにやられたりする。
そんな人間っぽい微妙な味付けもいい感じだ。

ポケモンGOも結構面白かったりする。あぁ、ますます、任天堂商法に嵌りそう…。