Arduino Nano特有なのかどうか分からないが、USBを抜き差しすると、誤動作が起こるのだ。
しかも、シリアル通信のしょっぱなから芳しくないようで、何回か通信すると正常になるという有様。

トランジスタ・抵抗・コンデンサを使ったよく効くお手軽リセット回路を付けてもダメ。
途方に暮れていると、こちらにヒントが。

試しにリセット端子に1uFの電解コンデンサを付けると、あら不思議。
お手軽リセット回路がダメだったのは、リセットする時間に問題があったみたい。