おいらは、MAGIXのMovie Proから始まり(とは言っても、あまり使いこなしていなかった!)、バンドルされたアプリと機能に魅力を感じMovie Pro MXまで購入し、動画を気が向いたら作成していた。
マニュアルはないという不親切さはあるものの、意外と簡単に使えるし、DAVINCI Resolveのように内蔵グラフィックボードでも使えていたので(以前、DAVINCI Resolveをテストするため、現在グラフィックボードは安い物を増設済)、特に不自由はなかった。

しかしだ、最近、スマホの動画を取り込んだ動画を作成していたら、変な画像が映り込む現象が頻繁に起こったのだ。
始めは、スマホのアプリを疑ったのだが、どのアプリを使っても一緒だった。

当初は、「まぁ、その部分だけカットすればいいや」と思っていたのだが、カットしてもカットしても、別の所に映り込みが発生する始末。
流石に、おかしいとおもったおいら。

DAVINCI Resolveは使えるので、久しぶりにインストールして使ってみた所、全くおかしな素振りを見せないのだ。
ハードウェアの方は、一応Movie Pro MXの推奨以上になっているようなので、つまりは、Movie Pro MXの不具合というわけだ。
ムービーで取り込んだものは、特にこういった現象は感じなかったので、スマホで撮影した動画と相性がよくないのかな。

グラフィックボードを増設したため、DAVINCI Resolveはまともに使えるので、こうなってしまうと、Movie Pro MXの出番は全くなくなりそうだ。
現行ではないので、まずは、お疲れさんといった所か。