今、ポケモンGOのGOバトルリーグでまたもやトラブルが勃発!
GOバトルリーグの上位の者がどうやらチート行為を行っていたということが判明。
そのため、GOバトルリーグが停止中になっている。

どうも、チート行為はいくつかあるようで、そのうちの1つが複数端末を同時に使うことでゲージ技の発動が早くなるというもの。
↓こちらで解説されている。

メルメタルのゲージ技「いわなだれ」で行われた裏技があったようで、タッチする場所・タイミングによって早くゲージ技が発動するというもの。

こちらは、複数端末は使っていない。

続いて、以前あった機内モードのチート方法だが、バトルリーグのプレシーズン開始早々に発見されたようだ。

バトルに移る際、航空機モードをゴニョゴニョと操作すると、相手のポケモンが何もできず、ただただ、タコ殴り状態でやられている。
結構、この手のチート行為は多かったことから、これを見た連中が多かったのだろう。
どうも、機内モードのチート(裏技?)は以前からあったようで、ほしのすなとポケモンの飴を使わずしてパワーアップさせたりする際も効果があったらしい。
ということは、この辺のバグが多かったということか。

告発の発端であるらしいお方の動画、

どういう方法か語られていないが、チート技を使うとフライングして技を繰り出すことが可能みたい。
うーん。これって一体…。

今回、チート行為のメカニズムに触れているが、こちらは決してこれらを推奨しているのではない。
ゲームの供給者側が事実を明らかにせず、オブラートに包んだ状態で事なかれということにしようとしているので、こういう事実があったのだとということを書いたまで。
これらを真似しようとしても、GOバトルリーグ自体は現在閉鎖されており、復活する際は、間違いなく対策されるだろうし。

GOバトルリーグが始まる前にPVP(対人戦)で流行った合法技でQSAというものがあったらしい。
これは、ゲージ技を貯めておき、ある操作をしておくと、発動させるゲージ技の予約ができ、相手のゲージ技が出たすぐ後に自分のゲージ技を打てるというもの。
これとは全く違うことも併記しておきたい。