色々と話題満載の楽天モバイル。
やはり3001円で1年間使い放題というのは美味しいので、おいらもお試しでRakuten miniをこと購入し再加入してみた(以前、MVNOの時に入っていたのよね)。
当たり前のことながら、IIJMIO対策としてなのかバンド1は抜けている(IIJMIOでdocomo回線を使おうとしている人は、これがないのは致命的)、しかし、auの方はパートナー回線として使っている関係からauのバンドはカバーしている(Rakuten miniがau端末として使えるかどうかは定かではない)。
取りあえず、amazon prime musicアプリを入れて、通勤の往復でプレイヤー代わりに使っているが、小さいし軽いし感じいい。
楽天サービスエリア外のようだけれど、キャリアはRakutenと表示されている(ローミングなので当然か?)。

今まで使っているもう1つの別端末は、IIJMIOのau回線が入っているので、アンテナの立ち具合を比べてみたが、Rakutenの方が電波
が切れにくいのではという印象(比べた端末の方が悪い?)。
心配なのは、パートナー回線使用の場合5GBが上限なので、調子に乗っていると、あっという間に使い切ってしまいそうな感じ。
早く、通信無制限となるサービスエリアにならないかな…。

ポケモンGOを入れてテストしてみたが、どうもRakuten mini自体は元々ゲーム向きではないようで、GOバトルリーグにおいては、どうもレスポンスが悪い。バトルもする人にとっては、これは致命的だ。
ポケモンをゲットする程度であれば、全く問題ない。

また、テザリングの親機として使ってみたのだが、充電しながらやっていたら、電池が完全に切れた後もフル充電しなくなる現象が起きた(半日以上経っても20%位しか充電できない)。電源を入り切りしたりして、色々やっていたら直ったのだけれど…。
この辺は、端末を見ながら追試しようと考えている。

と、まぁ、ちょっぴり心配なRakuten miniではあるが、USBホスト機能があるのに気づいたので、書いておきたい。
実験でいくつか試してみたら、
・Android用サウンド Stealth3→使用可能。しかし、電池残量が20~30%位までだと、音切れや途中音が全くならなくなるなど誤動作するようだ。
・USBメモリー→手持ちの物をいくつか試してみたら、1つは使えるものがあった(2GBのもの)。8GBの物は使用不可だった。
・USBリーダーライター(SD/microSD用)→メモリーを入れた状態にしてからUSBを差さないと認識しないが、問題なく使える。
・BDドライブ→手持ちのでは全くダメ。
・USB UDD→手持ちのでは全くダメ。
・USBキーボード・マウス→問題なく使える。
以上の結果だった。

Rakuten mini、特に内蔵メモリーは少ないので、使えたらメッケモノではないか。

今回は、USBハブと何かのアクセサリーのおまけに付いていたUSC-C変換のコネクタを使ったが、いずれも同じ結果だった。