ディアゴスティーニの3Dプリンター完成。でも…

NO IMAGE

1年越しで3Dプリンターが完成。思えば長かった。最後の最後に部品の不具合が発覚。どうなることやらと思いきや、無事組立終了。

完成したのはいいけれど、初めは動かなかった。
で、やっと動いて2作品目という所であえなく故障。

原因は、位置調整した際にノズルがゆるゆるだったため。分かってはいたがやっぱりか。ノズルは、いつの間にか脱落していた。

しかし、あの状態でどうやってキッチリ位置出ししろというのだ。ゆるゆるにしなければ、説明通りのセッティングができないのだ。

これをディアゴスティニに修理を依頼したら、「組立方が悪いため」とかいう理由で返ってきそうだ。
パーツも買えはするけれど、もう一冊買ってねということなんだろうね。

まぁ、直すのも楽しみということかな。
1年やってみて、製品としての完成度は申し訳ないが、低いといわざるを得ない。
ただ、作ったり直したりするのが好きな人なら最高に面白い素材と思う。色々と刺激があって、おいらは、結構好きかも。(^^ゞ

で、目下修理中なので、お披露目できない状況。お披露目する時にはチューンナップされていたりして…。

修理しようと部品を外すと、サーミスターは足が外れてしまっているし、ヒーターは溶けたPLAが癒着しており外れなくなってしまっているし…。

ネット検索していると、中国に似たような部品がお手頃価格で売っている。

でも、使える部品は使いたいものだねぇ。