Alexaを導入してみた

NO IMAGE

スマートスピーカーことAlexaを買おうとしたが、予約制とかで中々購入案内が来ず、購入案内が来る頃にはすでに冷めてしまい、全くいらないと思っていた。
時々、お安く販売される機会があったものの、Google Homeなんかはそうなのだが、何かの商品を5000円以上買わなければ安くならないとか。
「こんなもん、ずーっといらん!」
そう思ってた。

が、しかし。

そこは、天邪鬼なおいら。
どういう風の吹き回しか、ついにいらないと思っていたAlexa Echo Dot(しかも古い第2世代)をポチッてしまったのだ。
第2世代にしたのは、第3世代よりもお安いのもそうだが、以前、第2世代用の壁掛けホルダーなるものを購入したので、それを無駄にしたくないという思いも働いていたのだ。
お安いので、失敗しても損害は少ないよな…。

遅ればせながら、我が家もスマートホームになったわけだ。

実際使ってみて、確かに楽しい。
しかししかし、単にAlexaのみの導入ならば、飽きられてしまうこと請け合い。
Alexaに関して言えば、スキルという名のアプリは、まだまだ発展途上なのだ。
電車の運行状況や天気なんぞは知らせてくれるが、例えば、交通情報なんぞはないし、なかなか痒いところに手が届くようなスキルがないのが実情。
(車に乗らない人は、別に交通情報がなくてもいいのかも知れないけれど…)
Alexaに限らず、スマートスピーカーは、スマート家電やコントローラと組み合わせることで威力を発揮するもののように思う。

Echo Dotは音が確かにイマイチであるが、ちょい聴き程度ならいいかなとは思う。

人でもそうなのだが、聞き間違いというものもあるので、Alexaが認識できるような言葉を選んで設定しなくてはならないというのも結構煩わしいかも。

色々調べてみると、
●LINE クローバー:LINEの送受信ができ、特定の機器だけではあるが、オプションを購入することで赤外線リモコンが使える。トヨタ・プリウスにもクローバAIが搭載されるらしい。node-redも使えないし、WiFi対応のスマート家電が全く使えない。IFTTTにも対応しているので、工夫次第では色々できるかも。
●Google Home:Alexaと互角ではあるが、こちらは交通情報が使える。Alexa同様、node-redも使えるし、IFTTTだってOK。カスタマイズ性に富んでいる。Alexaでも可能なスマートスピーカー間通話も可能。
…以上のようなことが取り合えず分かった。
LINE専門でクローバーに対応している機器に買い替える気のある人には、クローバーはお勧めかも。ここの所、クローバーも値下げしてきているし。
拡張性云々な人であれば、Google Homeでもいいのかな。交通情報も使えるし…と思ったのだが、ネットのカスタマイズ情報を見ていると、どうもAlexaの方が多い気がしている。

値段に関しては、2740円とお安いし、すでにAmazonプライム会員であれば送料は掛からないので、Alexa Echo Dot(第2世代)でもお試しには最適かも知れないね。
2018.12.29追記:残念!買うのを躊躇っていたら、クリスマスが過ぎた頃にはなくなってしまった。まぁ、Alexa Echo Dot(第3世代)も安いことだしいいかな…。
何やら、Eufy GenieというのがAmazonでたたき売りされている。

100%Alexa互換ではないので、コントロールできる家電も限られているし、定型アクションの設定もできない、Alexaスキルも使えない(ようだ)、ウェイクワードはAlexaのみ(本家は4つのウェイクワードに設定可能)Alexaアプリではなく、Eufy Homeアプリ(連携後は、Alexaアプリから使えるそうな)からの設定となるといった違いはある。
しかし、元々Echo Dotよりもお安く、Air Playレシーバとしても使えるらしいので、格安のスマートスピーカー+Air Playレシーバが欲しい人は、お試しでいかが?
(本家は、Bluetoothでスマホと接続してBluetoothスピーカとして利用可能)