Arduino Pro MiniとRC-S620/Sでお遊びしてみた

NO IMAGE

最近、NFCの実験をしてみたいと思っていたものの、色々難しいことが書いてあったりして、NFCの自作機器は「かなり難しいものなのだ」と思い込んでしまっていた。

ところが、いざやってみると、Arduinoを使ってやれば、NFCを近づけてON/OFFさせる簡単な機器なんぞも楽々だし、IDm・PMmというNFCカードに含まれるコードなどを使えば、電子ロックなんて応用も充分できそうだ。
なぜなら、お手本(C++)があるからなのだ。
SONYから配布されているサンプルファイルをもじれば、プログラムの知識さえあれば、楽勝だ!(サンプルファイルを作ったAuduino IDEのバージョンが古いらしく、現行のArduino IDEで使うには、一部修正が必要となる)

特定のカードでON/OFFなんていうのも、プログラムソースをよーく見れば、ヒントが隠されているので、ちょっと一ひねりすればOK。
おいらにもできたので、皆さんも頑張ってみて!

その筋で有名なスイッチサイエンスというショップでArduino Pro MiniやRC-S620/Sを購入。

セキュリティ云々という話もあるようだが、カードさえ奪われなければ、今の所は、コピーや偽造はできないし、鍵師よろしく外部から解読する術はない(コードの合否判定させているマイコンなどといったハードウェアを解析しない限り、読み取り機からコードを割り出す手段がないから)ものと思われる(それとも、おいらが無知なだけか?)。

カードの読み書きに関しては、難易度が高そうだが、解析されて、その内に敷居が低くなるのではないかと思われる。
わー、久々にワクワクしてきたぞい。

そういう点では、RC-S620/Sっていい教材なんだろうね。

それにしても、Arduinoってのはクセがあるのだね。Arduino Pro MiniへArduino IDEから書き込みしようとしたらエラーの連発。
Arduino Pro Miniには、ブートローダーが書き込んであり、FT232Rの載った基板と接続されている。

ネットによく書いてあるのが設定間違いなのだが、おいらの場合は、これに当てはまらない。
途方に暮れていたら、「リセットするとよい」という書き込み。
「まさかな…」と思ってやってみると、本当なのだ。

書き込みをする際に、一度コンパイルを行う。その後、若干もたついて書き込み動作を行うようになっているようだ。
コンパイルが終了したのを確認してから、Arduino Pro Miniのリセットを掛けると、難なく書き込みができてしまう。

もしかすると、リセットしてブートローダーを起動させた時に、何らかのコマンドを受けることで、書き込みできるようになるのかも??
もう少し、Arduinoの勉強をしないといけないな。ぢぶん。(^o^;)