AT-VSA30なる機材を購入

NO IMAGE

たまたま、AT-VSA30+AT-SP30BLHなる機材が中古で格安で売られていたので、試しに購入した。
これは、オーディオテクニカから発売されていた製品で、ヴァーティカルステレオアンプ+専用バックロードホーンスピーカーだ。

興味はあったけれど、それが発売されていた頃は忙しく、中々触手が伸びなかったのは事実。
どんなもんかなとPC用のDAC(これまたディスコンとなったローランドのUA-1EX)に接続して聞いてみるが、どうも不思議な音だ。
広がり感とセンター定位を両立した「CCS」サラウンドとやらをOFFにすると、聞けるようにはなったようだけれど、何だろう。

で、試しに、以前作成した5cmサイコロスピーカーに繋ぎ変えてみると、変化が。
なるほど、スピーカーの周波数特性のせいなんだね。

「CCS」サラウンドをONにすれば、サラウンドなので、当然音に広がりが出てくる。
5cmサイコロスピーカーで聞こえなかった物が、専用バックロードホーンスピーカーを使うと、高めの音がハッキリシャッキリ聞こえてくるようだ。
ハッキリシャッキリが大好きな人には、AT-VSA30+AT-SP30BLHは打ってつけだろう。
中古で安く売られていたら買いかも。

今度は5cmサイコロスピーカーを使うと、サラウンドにしても音の広がりがイマイチ(サラウンドの効き目が薄いってのはどういうことじゃ?)。しかしだ、BASSブーストすると、低域がいい感じに出てくるようになる。
そこで、またまた実験君。

専用バックロードホーンスピーカーと5cmサイコロスピーカーを並列に接続してみる。
インピーダンスが下がってしまうので、アンプにはあまりよろしくないかも知れないが、フルパワーではないから過負荷にはならないので問題ないでしょう。
実際に実験してみると、なるほど、思惑通りだ。大分よくなった。

そこで、更に突っ込んで、バックロードホーンの穴を軽く梱包用のラッピングビニール(というのかな)で塞いでみると、何じゃこりゃというような極端に変な音となる。
音にはそれほどの拘りはないけれど、ホント、自分好みの音作りってのは難しいものね。