ELM327って使えたのね(^o^;

NO IMAGE

引越し直後に色々あり、まだまだ片づけが終わっていない おいらだったりする。
で、片付け途中で出てきたのが、胡散臭い某国製ODB2アダプターなる物の数々。
ちゃんと使えれば、自動車の健康診断に使用でき、ソフトによっては一部コーディングができるので、エラーコードのリセット程度で、態々ディーラーに行って、お金を払ってコーディングとやらをしてもらわなくてよくなるというメリットがある。
常時、自動車の健康診断ができるのは、何かあった際に非常に助かる。ディーラーやチューニングショップに行って過剰な整備をされないように釘を刺すということもできるってわけ。

こいつらは、ebayで購入したものの、全く動かなかったので放置プレイの状態。

単独で動かせるODB2診断機なる物もあったけれど、まだ見つかっていないので、そちらは引越しの際に始末したようだ。
物持ちのいいおいらなのだが、整理が付かないので、今回動かなかったら捨ててやろう…と硬く心に誓っていた。

で、結論からして、3つあるうちのELM327と称する2つ(USBとブルートゥース)のアダプターは動いた。
こいつと

日本語解説書付のELM327OBD iiスキャンツール E...

日本語解説書付のELM327OBD iiスキャンツール E…
価格:2,400円(税込、送料別)

こいつ

しかし、もう1つのUSBの物は一切だめだった(ELM327とは書いていなかった)。

分解してみると、FT232にコンパレータという単純構成の回路で、そのままでは車と通信できないのが判明。
でも、何かのお遊びには使えそうだ。
今は、一戸建て住まいなので、時間が取れたら、車に繋いでゆっくり遊ぶことにしよう…ということで、全てキープとなった(それって、片づけじゃないじゃん。という突っ込みはされぬよう)

ちゃんと動くことが確認されたELM327ってのは、ELM327というODB2専用にプログラミングされたマイコンを搭載しているかららしい。分解してみると、PICだったりする。(^o^;
つまり、これってELM327の亜種ってやつか?
それとも、元々ELM327自体がPICマイコン使用ってこと??
(日本で売られている製品はどうだか分からないけれど…)

ELM327のUSB版とブルートゥース版は結構クセがあるようだ。
付属のソフトで動かそうにも、シリアルポートCOM1~COM5までしか対応しないので、変更が必要なのだけれど、おいらがノートPC(Let’sNote)で試した所、COM5では全くソフトが認識せず、COM2に設定し直したら、付属の殆どのソフトで動作するようになった(一部ソフトは動作せず)。
ブルートゥース版も同様のようだ。

で、Androidでブルートゥース版を使う際、トルクっていうアプリを使おうとすると、これまた厄介だったりする。
ネットで調べ物をしていたら、同じE46(M3)乗りの方のブログを発見。
1.Android端末でELM327とペアリングをした状態(イグニッションOFF)にしてから、トルクを起動。ペアリングは、予め行っていれば、その後は、放っておいても勝手に行ってくれるのはご承知の通り。
2.イグニッションON(エンジンはかけなくてOK)にしてから、トルクで設定を行う。
3.設定終了後、自動でプロトコルのチェックを行うので、E46乗りであれば、ISO9141-2という所で認識されればOK。
お疲れ様でした~って感じですな。

ま、いずれにしても、異常なしという判定がなされたので、安心ではあるね。ELM327アダプターとPCさえあれば、センサー異常があった際も慌てずに済むというものだ。
一般ぴーぽーで買えるガジェットでここまでできていいのかしら?などと思ってしまったりもする。
時間に余裕があり、PCのトラブルが自己解決できる人はチャレンジしてみては?
一部のレビューを見ると、ハードルが低いと評価している場合もあるようだけれど、おいらの場合は、動かすまで中々ハードルが高かった。
使うハード(PC)によっても変わってくるということかな。