EVEREX CE1220JをCF化

NO IMAGE

ある日、電車で座っていた所、後から乗ってきた大馬鹿野郎様が棚に置いた荷物がおいらのバックに落ちてきた。
その際、すぐに中にあるEVEREX CE1220Jを取り出し、起動したが問題なかったので安心していたが、後になって時々HDDが変な音をするようになった。
どうもHDDがやばくなってきているようだ。
まぁ、PCを使っている時に落ちてこなかったのが不幸中の幸いなのだが、とんでもねー野郎だ!
おいらのバッグは比較的ごつく丈夫なもので、かつPCは衝撃防止加工のソフトケースに入れていたのが幸いだったのかも。
荷物を棚に置くなとは言わないが、落ちないように置くのは基本中の基本。荷物が落ちるように置くのは単なるおバカ様で迷惑以外の何物ではない。

このおバカ様に弁償してもらいたいのは山々だが、いなくなってしまったヤツに弁償しろとも言えない。近々海外出張なので、いい機会だからHDDを換装してみようと思い立った。

HDDを探したものの街のPC屋には、CE1220Jに積んでいる1.8インチのHDDは売っていないのだ。
色々考えた末、エアリアというメーカーから発売されている世田谷電器というブランド名の瀬田という商品を購入した。
CE1220Jは1.8インチZIFという形状のため、最近よく売られている2.5インチHDDは収まらないのだ。
世田谷電器の瀬田は、CFカードに変換するアダプタで、CE1220Jでも奇麗に納まるのだ。
さて、CFカードはどうしようかと悩んでいたら、丁度シリコンパワーの8GB 300Xなる比較的高速な物があり、それをチョイスした。300倍速と称するこのCFカードは、読み込み45MB/s(最大)、書き込み30MB/s(最大)というもので、値段も比較的安価であった。

そんなCFカードをCE1220Jに内蔵して再インストールしたものの、8GBあるはずのCFが5GBとなってしまった。何でだ!?
調べてみると、どうも2GB位はリカバリー用にスペースが強制的に分捕られてしまい、Dドライブとして使えなくなるなどといった有効利用ができなくなってしまうのだ。
付属のDVD-ROMを使うと簡単にインストールできるようだが、今回のようにディスクスペースが少ないと、よろしくないようだ。

仕方なく、以前余分に購入していたXP PROをアップグレードインストールした所、その問題が解決できた。

使用感としては、起動は明らかに速くなった。しかし、フラッシュメモリーであるがゆえに寿命も心配である。
EWFを使い、キャッシュをRAMディスクに入れるなどといった工夫を施し、できるだけCFに優しい対応を施した。

そんな努力とは裏腹に起動してから動作を受け付ける時間が遅くなってしまった。RAMディスクを使うようにしたせいなのだ。

遅くなったと言っても、HDDを使っていた時と体感上さほど変わりないようなので、今の所は満足である。しかも、SSDよりも安くできたのでコストパフォーマンスはいいと思う。

楽天では、アキバスタイルにて2200円(送料別)にて発売されている。

また、300倍速CFカードは、アイアスマートにて8400円(送料別)で発売中!

やっとセットアップも終わりホッとしていた所、アーキサイト@ダイレクトで1.8インチZIFの16GB SDDが8980円で売っているではないの。そりゃ、もうポチリましたわ。出張に間に合えばSSDに換装しましょうかね。