GP-IBの制御確認用アプリでは動かない物が、なぜかNIの関数では動く

NO IMAGE

GP-IBの計測器制御をよく行っているけれど、古い計測器を制御しようとしたら、躓いてしまった。
NI(National Instruments)製のGP-IBインターフェースを使っているのだけれど、制御確認用に使っているアプリである、現キーサイトのアプリ及びNI社製のNI MAXというアプリ上でも何故かデータ取得だけ動作しない。
比較的新しい計測器なら動作に問題ない。
理由は分からないけれど、タイムアウトしてエラーが出るのだ。

以前VB6でアプリを作っていた時は、難なく動いていたんだけれど…と思い、VB6に近い、エクセルVBAでアプリを作って動かしてみると、なぜかデータ取得できる。
どうして??
VB6やVBAでは、よく講習会などで使われるNIの関数を使っていたのだが、どうやらそれがいいらしい。

制御確認用アプリで動かなくても、アプリにすれば動くんだろうか?
今度、VISAでもやってみることにしよう。
2018.12.23追記:どうも古過ぎる機器は、VISAではうまくないみたい。VisualStudio2008まで使えたソースが、最近のVisualStudioでは関数の廃止によりそのままでは使えなくなってきている。まだまだ、エクセルVBAやVB6、VB2008にお世話にならないといけないか…。