Office2000を更に長く使えそう

NO IMAGE

MicrosoftからのDM(Email)が時々来るが、チラ見してポイだったのだが、気になることが書いてあったので、ブログに書こうと思う。

Windows7からWindowsXP SP3かWindows Vistaへのダウングレードが期限付きで行われたものの、更に期間延長となり、OEM(メーカープリインストール用)版が提供終了となるまでとなった。

Windows XPは未だにユーザーが多く、態々Windows Vistaからダウングレードするケースが結構多かった。
そりゃそうだろう。WindowsXP3からWindows Vistaアップグレードしているのに使いづらくなってしまったし、Windows XP専用というソフトはVistaで動かない場合もあるのだ。
Windows7が鳴り物入りで登場したものの、やはり旧ユーザーには受け入れられないようだ。

ダウングレードの条件は、OEM版、またはDSP版のWin7proまたはUltimate、ボリュームライセンスのWin7pro以上とのこと。

ここを参照のこと。

OSだけかと思いきや、何と古いOfficeでOffice2007から登場したdocxやxlsx形式などが使えるようになるWord/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パックが配布されるようになった。
Office2000及び2002、2003が対象。
Office2007から登場したリボンが使いづらく不評だったため、Officeも2007などは敬遠されがちだった。

古いバージョンのソフトで新しいバージョンのものと完全に上位互換となったのはよいことだ。Office2000を実は未だに愛用しているので、もうしばらくは使えそうだ。