Palmに続き、ZAURUSもそろそろ終わりかな…

Palmに続き、ZAURUSもそろそろ終わりかな…

ZAURUSでは、pdaXromというOSが入れ替えられるのですが、閉鎖されたのか本家pdaXromのサイトがアクセスできなくなっています(2007年1月上旬現在)。
この頃、色々とZAURUS関連のサイトが閉鎖されているようで、残念な限りです。

Palmは日本市場から姿を消していますし、ZAURUSはシャープ自体が大人気のウィルコムW-ZERO3へシフトしているようです。
今のZAURUSは、シャープのサイトを見ると、今まで惰性でやっていたようなふしも見受けられます。
情報はあまり開示されないのに、OSにLinuxを使っているからユーザーが何とかしてくれるだろう的な感じです。

W-ZERO3になってWindowsモバイルに鞍替えした背景は、マイクロソフトが絡んでいるので、ソフトウェア関係はマイクロソフトがやってくれるのでシャープとしては非常に楽だし、ハードウェアの開発部隊がないマイクロソフトにとっても有益であるということなんでしょう。

まぁ、おいらは安ければどちらでもいいと思っているけれど、Linuxはマニアック過ぎて、開発環境を取ってもセットアップが面倒で少々敷居が高いよなぁ。だから、おいらみたいな「なんちゃってプログラマー」が出にくい環境ではあります。

Windowsと互換性があるという触れ込みで、ターボリナックスがターボリナックスFUJIを、ライブドアがインスパイヤーというLinuxベースのOSを出したけれど、いずれも泣かず飛ばずで大失敗。Linuxがマニアック過ぎるのが万人受けしないのではないかと思っています(ターボリナックス10では、VMWare上で動くのに、ターボリナックスFUJIでは動かないってのもどうよ?PCによる個体差なのか??)。