PCのマザーボード変えた

NO IMAGE

ここ何年かe-machinesのJ4494というCore2Duo(E4500)マシンを使っていたけれど、撮影したフルハイビジョンの動画を見ると、「カックンカックン」という感じで見るに耐えない状況で、ハードウェアの関係で、フルハイビジョンで編集させてくれない。

取りあえず、Radeon HD5670のPCI Expressカードを入手したものの、BIOSが対応していないらしく、全く認識すらしてくれない。

仕方なく、マザーボードを購入することにした。CPU/メモリ/HDD/DVDドライブなどマザーボード以外のパーツは、そのまま流用し、グラフィックカードはHD5670の物を使用。

色々検討した末、ASRockのP43DEを秋葉原でお馴染みドスパラで購入した。当初は、J4494のケースをそのまま使おうかと思っていたが、マザーボードの大きさをうっかり間違えてATXサイズのマザーボードを買ってしまったため、Mini-ATXサイズであるJ4494に入れようものなら、外に出る端子類が引っかかってしまい宜しくなかったのだ。
それに、J4494のケースはPCIボードを刺した際、端子類に引っかかり、今後の拡張性を考えると処分した方がいいと判断。
追加で、ATXケースを購入。

まぁ、CPU/メモリ/HDD/DVDドライブは流用できたので、600W電源も含めると2万円位で新システムに載せ買え完了。
ヒートシンクも流用するため、ainexというメーカーのLGA用バックプレート リテールクーラー用というプレートを購入した。
J4494の基板にはナットが埋め込んであるが、今回使ったP43DEにはナットがない。
ナット替わりに使うものなのだが、コイツがあれば、マザーボードの反り防止にもつながる。

何はともあれ、まずはWindowsXPを起動すると、
「あれれ?普段通りに起動できたよ。それに認証済みだってさ」

それに気をよくしたおいらは、今メインで使っている(いた)Windows7を起動してみたが、世の中そんなに甘くないのだ。
全然起動できやしない。
何日か修復作業をしてみたが、難しく、断念して再インストールすることにした。

再インストール後、フルハイビジョンの動画を見ると、やはり動きが違うのだ。マザーボードに使用できるCPUはLGA775という規格なので、Core2Duoだけでなく、その気になればQuadも使えてしまう。
今時LGA775などと言われてしまいそうだが、安いマザーボードなのに、かなりのバージョンアップのように思えた。

それにしても、前の状態でバックアップを全く取らなかったので、徐々にシステムを再構築しないとな。