PICkit2は抵抗が要らない?

NO IMAGE

ネット情報によれば、PICkit2を使う場合、VDDとMCLR端子の間に抵抗を入れないといけないらしいので、バカの一つ覚えのように入れていたが、ふとある時探し物をしていた際に、「PICkit2のVDDとMCLR端子の間に入れている抵抗は要らないのではないかと思って実験したら、何も問題なかった」というブログ(URL忘れた!)が見つかり、おいらも実験してみた。

そのお方が言う通り、PICkit2の書き込みソフト上で動かし、抵抗を付けないで書き込みしてみたが何も問題なかった(16F886にてテスト。MCLRの欄にチェックを入れた)。

でも、MPLAB上で書き込みしたわけではないので、もしかするとMPLAB上でプログラムの書き込みする際には問題になるのかも知れないので、MPLAB上で書き込みする人はご注意を。