騒音計アプリは使い物にならなかった

騒音計アプリは使い物にならなかった

アンドロイドのアプリで騒音計なるものがあったので、ダウンロードしておいたのだが、屋外で見ても、どうも正常に測れていないような気がしたので、測定機を使った比較法で騒音計アプリが実用になるかテストしてみた。
携帯は、XPERIA(バージョン2.3変更)で、マイクは内蔵のものを使用。

発振器の信号をスピーカーで鳴らし、手動でスイープさせていき、計測用騒音計と2種類の無料騒音計アプリの指示値を見たが、無料騒音計アプリは実際の音圧よりもかなり低い値が出た。
実際の音圧は94dBでているはずなのに、表示される値は最大でも70dB程度。100Hz以下の低い周波数や8kHz以上のような高い周波数になると、周波数特性を持っているのか、54dBと値が全く変わらずといった結果となった。
騒音計アプリは補正ができるので、正常値に補正をしようと試みたが、正常値まで補正することができなかった。

いずれにせよ、XPERIAでは電話機であるがためにハードウェアの関係上、騒音計アプリは測定機として使うことはできないという結論となった。
アイディアはすごくいいのにね。無料のアプリでダメダメなので、有料アプリであっても同様の結果となるのだろう。