CANONETを買った

CANONETを買った

CANONETというのは、1961年に発売されたレンジファインダー型EEカメラで、おいらがガキの頃、おやじのカメラを壊したのだけれど、それがズバリこれ。
レトロカメラブームに乗っかってというわけでなく、何気に欲しくなったのだ。
おやじのカメラを壊したっていうのが心のどこかで引っかかっていたんだろうなぁ…。

んでもって、オークションでCANONETのジャンク品を購入。ネットで見て、バラバラに分解したものの、再生不能になってしまい、仕方なくもう一台購入。
これも、格安ジャンク品だからできることなんだろうねぇ。
2台購入してみて分かったのが、トラブルの多くが油が固着してシャッター幕が引っかかり、うまくシャッターが切れないことのようだ。ネットで調べると、この手のトラブルが多いみたい。
と、いうことは、この症状を何とかすれば、再生することが可能ということですな。

1台目はバラバラにし過ぎて、再起不能にしてしまったが、2台目は安易レストアで修理を行った。こいつは、カニ目があればレンズが外せる構造。
レンズが全部外せれば、シャッター幕にアクセスできるのだ。
ネットの情報では、バラバラにしているが、バラバラにしてしまったら、再起不能と思った方がいい。というのも、物が物だけに部品が劣化しており、ちょっと力加減を間違えると、部品を故障させてしまうのだ。

dvc00111_1
カニ目工具(レンジファインダーオープナーという商品名らしい)を使って、早速レンズ部分を分解。
表は、カニ目ネジを外してから、レンズを外すのだけれど、表側はネジで止まっているので、吸盤オープナー(吸盤ではないのだけれど)というゴムを使ってやると、スムーズに外れる。
板ゴムを使ってもできるかも?

フィルム面の方もカニ目ネジで固定されているのだけれど、中が狭すぎてカニ目工具が入らないのだ。おいらは、カニ目工具をばらし、カニ目工具の片側を使って開けてやった。
フィルム面はカニ目ネジが取れれば、レンズの1個はポロッと取れる。
おいらの場合、フィルム面側のレンズを1個残して、レストアを行った。
無水アルコールを使い、軽く幕を綿棒で擦った。CANONETの絞りを1.9(開放)、シャッタースピードをBにした状態で正常にシャッター幕が開くように根気強くお掃除するのだ。
綿棒で掃除しつつ、ピンセットを使い、慎重にシャッターが開くようにレンズの外側へ向かって力を加えてやる。

この作業を根気強くやったおかげで、ようやっと正常にシャッター幕が開くようになった。本当はここでシャッター幕に油を付けるとよいのだけれど、今回は省略。
その後、シャッタースピードをBにしてシャッターを切り、残こしたレンズをすかさずフキフキ。
若干カビが見受けられたので、木ノ下家特製唾液クリーナー(;^o^Aをほんのちょっと綿棒で付けたら、嘘のように綺麗になった。
ネットで唾液で綺麗になるという情報を知ったのだけれど、これぞ眉唾物か?(;^o^A

しかし、コーティングが侵されてしまったらしく、外したレンズは綺麗にならないので、ある程度の所でストップ。このまま行おうとすれば、残ったコーティングが散々な結果となるのは目に見えている。
写りに影響は出るかも知れないけれど、まぁ古いカメラで撮りましたってな話の種にでもなりそうなので、よしとするかな。

続いて、テカテカになった張り革を交換した。1台目は何をやっても失敗ばかりだったので、ネジと上ケースを拝借し、2台目に移植。せめて、張り革用の型を取るために張り革を剥がしたのだが、張り革を剥がすのにもみごと失敗。
2台目はネジがないのと、上ケースが若干汚れている以外は、優等生だった。張り革は、アルコールを塗布しなくても、スムーズに剥がれてくれたのだ。
ロットによって、ボンドの塗布量が違うのか?

まぁ、いい。クラシックカメラ用張り革なる物がPENなどでデコる用途で売られており、種類は様々。模様は違うけれど、CANONということもあり、EOS1タイプをチョイス。
強力でない両面テープ留めなので、張り直しもOK。
dvc00111_2
奥がEOS1タイプの張り革に張り替えたCANONETで、手前は元々付いていた張り革。模様は異なるけれど、EOS1タイプでもいい感じ。細い隙間にあったであろうモルトがボロボロになっていたので、モルトも以前オークションで買った新しい物を貼り付け。
50年の時を越え、すっかり綺麗になったCANONET。これからどんな写真が撮れるんだろう。
↓吸盤オープナーはこちら

↑おいらは、カニ目を外すのに、このオープナーを使ったが、CANONETのフィルム側のカニ目を外すなら、次に紹介するクロスオープナーかジャンク用コンパスの方がお勧め!CANONETのフィルム側のカニ目は、狭いのだ。

クラシック用張り革のEOS1タイプは、こちら↓