VisualStudioのExpress Editionで警告が出ないようにする

VisualStudioのExpress Editionで警告が出ないようにする

VisualStudio(VB2008)のExpress Editionで警告(ターゲット云々)が出ているので、気になって対処方法がないか調べてみた。
まぁ、エラーでないので、コンパイルできるし、動作に不具合はないけれど、警告が出るのは嫌なものだ。

これは、Express EditionのターゲットCPUの設定が[AnyCPU]という設定に固定されているためだとか。
vbであれば、.vbprojとつくプロジェクトファイルに、
<PlatformTarget>x86</PlatformTarget>
として、ターゲットCPUを決め打ちすればOK。
x86以外にも、x64やItanium、AnyCPUという記述もできるようだ。