やってしまった…

やってしまった…

車ネタをもうひとつ。
最近、自宅で車のサイドの下側をガリッとやってしまったのだ。

まぁ、中古車なもんで、多少の諦めは付いているけれど、BMWに傷が付いている状態で乗っているってどうよ。
というわけで、自分でリペアしてみた。

車のリペアって結構難しく、簡単な塗装ならうまくいく場合もあるが、パテ埋めがうまくいかなかったり、スプレーを塗ると斑になってしまったり、と散々。
インプレッサの前に乗っていたトレノなんぞは、うまくいかないときは業者任せ。
インプレッサの時は、ある程度年数が経っていたため、諦めモードで補修したので、少々みっともないのは否めなかった。
業者に任せると、結構な料金取られるんだよね。

今回も、業者任せにしてしまおうかと思ったが、Soft99のショッピングサイトの動画を見ていて、「おいらでもできるかも…」と思い、
「バンパーの深くえぐれたキズを 近くから見ても目立たない程度に直す補修セット(シルバー系)」

なるセットを購入したのだ、

バンパーなどの樹脂部分の補修に必要な道具がセットになっており、車の色に合ったボデーペンと幅広マスキングシートをカットするための鋏を用意すれば、即補修作業ができてしまう優れもの。
こいつは便利。

他にも、

ホワイトパール用バンパーの深くえぐれたキズを直す補修セット!
淡色・赤・黄色系のメタリック・パールマイカ用バンパーの深くえぐれたキズを直す補修セット!…
黒・濃色系のメタリック・パールマイカ用バンパーの深くえぐれたキズを直す補修セット!
という色によって異なるセットもある。

楽天だけでなく、Yahoo!ショッピングにもSoft99のショッピングサイトがあるので、Tポイント派な人はそちらを利用するといい。

で、実際にやってみると、「あれれ、意外と綺麗にできるものではないか」と思った。
研磨を手抜きした部分は、その辺が出てきてしまったが、でも、以前に比べ、出来上がりはすごくいい。
昔は、Soft99の無料配布されているパンフレットを参考に自己流でやっていたものだが、それが悪かったのだろう。
乾燥後の車磨きが楽しみだ。

手抜きをした割には、よくできた要因は、Soft99ショッピングサイトの動画をよく見たから。
この動画は、必ず見た方がためになる。
先に紹介した補修セットにもパンフレットが同梱されているが、これはよく車屋に置いてあるものと同じ。
確かにパンフレットにも作業のポイントが書かれているが、わかり辛いのが事実。
動画は、しっかりと肝になるポイントを順番に紹介しているので必見だ。

・パテ埋めの後の研磨は、サンドペーパー320番である程度整えてから、600番で周囲と馴染むように平らにしていく
・プラサフの後はサンドペーパー1000番で整える
・ボデーペンを塗る前は、予めボカシ剤を吹き付けて、スプレーダストを軽減させる
…など、これは綺麗に仕上げるポイントの一部。

以前は、急ぐあまり、こんなご丁寧な作業をやらなかったものね。

今回、パテ埋めをしてから塗装に入るまでは、まる1日は掛かった。
手抜きというか、丁寧にサンドペーパーの磨きをやらなかったつけが若干現れたものの、サイドの樹脂部分にあったガリ傷は離れて見れば目だたなくなるレベルまで改善された。
まだコンパウンド磨きをしていないので、まだ塗装はボヤケテいるが、パッと見でこの通り。傷見えないでしょ?

ある程度サンドペーパーの磨きをやっていれば、ずぶの素人でも目立たなくする程度まで補修することは可能なのだ。
しっかりやれば、更に綺麗になる可能性を秘めている。
自分で治すと愛着も沸くというものだ。
なんかクセになりそう…。
今度は、金属用のパテでも買って、誰かにエクボを付けられたドアでも補修してみようかしらん?

優れものセットではあるものの、欠点がないわけではない。コンパウンドをつけて磨くためのスポンジだが、今回の補修場所みたいに急なカーブがある箇所ではスポンジが剥がれてきてしまうのだ。
これは是非改善してほしい所。